08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

歴史を感じさせる洋館で豪華なランチコースに舌鼓 ~オーベルジュ豊岡1925 豊岡市 

 ブログでは初の登場ですが、久しぶりにお邪魔したオーベルジュ豊岡1925さんに奥方とランチにお邪魔してきました。

豊岡1925 外観

 お店は豊岡市役所の通りを隔てて反対側にある、歴史香る建物です。北但大震災により焦土になった豊岡市街地に、とある吟子が災害に強い建物を建てたものです。その後市役所の一部として活躍したのち、お菓子をテーマにした菓子店とレストラン、ホテルの複合施設として2015年に開店したそうです。

 今回初登場になったのは、開店したてにもお邪魔したのですが、まだまだ開店したてで難しい部分も多く、慣れたころにと思っていたところ、運営方法が大きく変わり、さらに時間も経ったのでお邪魔してみようと思ったからです。

豊岡1925 ボード 豊岡1925 ボード

 ランチコースは月替わりの2種類のようです。けっこうな値段ですが、今回は奥方へのプレゼントということで(涙)。

豊岡1925 店内

 お店の中の雰囲気はなかなか素敵です。天井が高いので少し寒いのが玉に瑕ですが、ひざ掛けを貸してくれました。

豊岡1925 店内 ケーキのショーケース

 お菓子はこのステキなショーケースに展示販売されています。この日はBook&Sweets キノシタさんや、竹野の塩クッキーなどが販売されていました。もう少し種類があると楽しいと思いますし、ショーケースの高さが低いので、少し見づらいです。でもかっこいいですね。

豊岡1925 テーブルセット

 ランチBの税別3,450円にはとても惣兵衛の財布の中味では耐えきれないので、ランチA(税別 2,800円)をお願いしました。

豊岡1925 プチパイ

 しばらくして、前菜の前菜的に小さな食べ物がだされました。説明を受けましたが名前を忘れましたが、ベーコンとポテトのプチパイといった感じです。赤ワインがほしくなるものでしたね。

豊岡1925 前菜 

 コースの本格的な前菜の登場です。メニューには「本日の鮮魚のマリネとカブのデクリネゾン さっぱりとした柚子の香り」となっています。綺麗な一品ですね。

豊岡1925 前菜 魚

 真中には白身魚の刺身とカニ身、イクラが層をなして盛り付けられ、周りは蕪のマリネと白身魚の刺身が交互に巻かれ、花のようにきれいに盛り付けられています。そこに柚子のソースがきれいにちりばめられていました。どうやって食べようかと思いましたが、ナイフとフォークで軽くほぐして、刺し身とカブと一緒に頂くのがよさそうです。
 蕪のマリネといただくので酢のもののようなあっさり味でした。

豊岡1925 前菜 カニ身

 中のカニ身も一緒に頂きましたよ。

豊岡1925 前菜 パン

 続いてパンがだされました。このバケットは但馬の麦にこだわったパン屋さんで焼かれたもののようです。色が褐色でしたので、全粒粉を使った感じですね。一緒に出された胡椒と岩塩の入ったオリーブオイルと一緒に頂きました。
 こだわりのバケットはいい感じですね。オリーブオイルはもう少し香りの高いものが合うかなと思います。

豊岡1925 スープ 

 続いてスープです。「但馬産金時芋を使った温かなポタージュ 生姜風味」だそうです。

豊岡1925 スープ いただきます

 表面に浮いた泡の勇なものは生姜のムースだそうです。あっさりとしたポタージュでした。金時芋の甘さと、生姜というよりレモンのような酸味が面白いものでした。


 さあ、いよいよメインです。メインは魚と肉と選べ、追加料金で但馬牛の料理も選べますが、そんな余裕もないので、惣兵衛はをお願いしました。

豊岡1925 メイン 魚  

 本日の魚のメイン「本日市場で上がったおすすめ鮮魚の軽いポワレ キノコのソース 岩津ねぎとご一緒に」です。

 岩津ねぎが柔らかくソテーされたものの上に、蒸し焼きされたさわらが載せられていて、きのこのソースでいただきます。

豊岡1925 メイン 魚  いただきます

 岩津ねぎと魚も相性いいですね。


 奥方はお肉を選択。

豊岡1925 メイン 肉 

 本日のお肉のメイン「八鹿豚を使った1925風ポトフ 八角風味のコンソメ 地野菜と一緒に」だそうです。

豊岡1925 メイン 肉 八鹿豚

 ポトフといわれていますが、一般的なポトフのじっくり煮込んだ感じではないのが面白いですね。

豊岡1925 メイン 肉 コンソメ

 こちらは野菜を使ったコンソメと説明を受けましたが、これも今まで惣兵衛の出会ったコンソメとは全く違うビジュアルです。これに好みでお肉を浸していただいてもいいそうです。

豊岡1925 メイン 肉 いただきます

 さっそくいただきましたが、なかなかおいしい八鹿豚です。やはりミディアムにソテーされたイメージのほうがわかりやすいかと思います。

豊岡1925 メイン 肉 コンソメいただきます

 コンソメをいただきましたが、中華の香り付けの八角が使われているだけあって、一般的なコンソメスープというより中華スープのイメージのほうが解っていただけるのかと思いました。

 さて、メインを食べ終わったらデザートですね。デザートはシェフのおすすめのスイーツか10種のデザートワゴンから選べます。

 惣兵衛はたくさんいらないのでお勧めのスイーツです。

豊岡1925 本日のデザート 

 これは「但馬産牛蒡を使ったモワールショコラ スパイシーな黒胡椒アイス」です。

豊岡1925 本日のデザート 

 さっそくいただきましたが、温かな生チョコの中にごぼうそのものが入っていてなかなか個性的です。スイーツとお料理の中間的な一品です。


 奥方は「10種類のデザートワゴン」をチョイスしていました。

豊岡1925 デザートワゴン 

 プチケーキ以外にもジュレやマカロンのようなものもあって楽しそうでしたね。

豊岡1925 デザートワゴン 

 これは女性に受けるでしょうね。


 全体的にはおしゃれなフレンチレストランですね。女性に受けると思います。コースをいただき終わるまでに1時間30分はかかるので、ゆったりと空間とおしゃれな気持ちを味わいたい時にいいと思います。

 伝統的なフレンチでもないし、最近の私の好きなフレンチとも違う、和の要素を強く感じる提案を感じました。二人で消費税を合わせて6,000円を超えるので、頻繁には行けませんが、フィーリングが合ったら行きたいと思います。


ごちそう様でした。またいつの日か!



にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←高級なフレンチのレストランに、応援ポチッ! お願いします。励みになります!

オーベルジュ 豊岡1925


関連ランキング:フレンチ | 豊岡駅


タグ: 豊岡市 

[edit]

« 丹後のとてもいい感じのビストロフレンチでランチを楽しむ ~アミ★ケン 京丹後市峰山  |  釜揚げの魚介スープのつけ麺をいただきました ~冨貴 マックスバリュー日高店 日高 »

コメント

ふつうには

普通には行けませんよね。。。
ランチで1000円超すって。。。
っていうか奥方さまへのプレゼントで(涙)って(^_^;)

栄治 #- | URL | 2016/03/25 07:16 * edit *

これは確かに「またいつの日にか!」ですね(笑)
そうそう行けません・・・・・・。
奥さまのお誕生日かなにかですか?

おばちゃん #- | URL | 2016/03/25 15:49 * edit *

栄治さんへ

はい・・・・。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/03/27 14:32 * edit *

おばちゃんさんへ

> これは確かに「またいつの日にか!」ですね(笑)

はい・・・(涙)。

まあ、たまにはってことで・・・(汗)。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/03/27 14:39 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/3053-c9ef165e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)