09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

但馬街道を行く! ~その10 「物部」って地名に歴史の香りを感じます 青倉から物部 

 古墳に出合えて満足して、青倉駅からさらに歩みを進めます。

 青倉からはすぐにも述べという地区に入りますが、県道の脇に大きな石の鳥居に出会えました。

但馬街道 物部八幡神社 鳥居

 これは物部八幡神社の鳥居です。

 「物部」というと天平の時代に兵器に関する官吏として栄え、後に蘇我氏と対立して没落した一族を思い出しますが、この一族は地方に分散して栄えたことと、この前に出会えた但馬第二の前方後円墳の存在を考えると、この一族の但馬の拠点のひとつになって、地名とされたのでしょうか。
 創建は875年で平安時代ですが、八幡神社は武士の信仰する神様ですから、12世紀以前は八幡神社ではなく、別の神社であった可能性が高いそうです。律令で農民の正丁(21歳から60歳の男子)の1/3を10日間交代で兵役につけていた軍団制を農民が疲弊したのを受けて、有力者や富裕層の子弟を兵役につけた健児(こんでい)が始まったのですが、朝来軍団が廃止され、健児をこの物部村においたのが719年だそうで、この神社の始まりに関係があるかもしれないそうです。

但馬街道 物部八幡神社 大ケヤキ

 鳥居のすぐ奥には何とも言えない姿のケヤキの木がありました。


但馬街道 物部八幡神社 参道

 そこからは、今や生活道路になっている本宮への参道が続きます。

但馬街道 物部八幡神社 参道左脇境内社

 参道の脇には小さなが2つ並んでいました。

但馬街道 物部八幡神社 石段

 参道を突き当たると石段の上に割拝門と呼ばれる神社の門があります。

但馬街道 物部八幡神社 割拝門

 門の上には二段目になる境内の広場があり、子ども相撲が奉納されると思われる土俵がありました。

但馬街道 物部八幡神社 手水社

 手水社で清めて拝殿に向かいます。

但馬街道 物部八幡神社 本宮への石段

 静かな境内で緊張感が高まります。

但馬街道 物部八幡神社 左狛犬 但馬街道 物部八幡神社 右狛犬

 狛犬の間を抜けて、石段を上がります。

但馬街道 物部八幡神社 右から拝殿

 立派な拝殿を目の前にしますが、最上段の境内は狭くて正面からは写真に収めきれません。こちらは右から見た拝殿です。

但馬街道 物部八幡神社 右の境内社

 右側には2つの境内社があります。

但馬街道 物部八幡神社 左から見た拝殿と本殿

 左から見たところです。杉の木も邪魔にならずに拝殿から奥の立派な本殿が望めます。

但馬街道 物部八幡神社 左の境内社

 この左側にも小さな境内社がありました。

 本殿を後にして、2段目の境内から右奥に遊歩道が続き、しばらく歩くと社がありました。

但馬街道 物部八幡神社 八幡宮

 これが八幡神社だそうです。

但馬街道 物部八幡神社 八幡宮参道

 ここからコンクリートの石段を降りて、物部地区の北側に降りたちます。

 実はこの神社のさらに上には物部城跡があるそうです。ここに居城したのが物部氏だそうですが、物部に来てから地名をとってその名をつけたのか、元々から物部かはわからないそうです。
 
 羽柴秀吉が中国攻めをする際に、側面の但馬の山名氏を放置できず但馬攻めを行いましたが、生野から一気に竹田城を攻め落とした際に、この小さな山城も周囲の山城と同時に攻め落とされてしまったそうです。

但馬街道 物部地区

 神社を見て、少し集落を歩いてルンルンだった惣兵衛ですが・・・・・

但馬街道 物部地区から離れて

 ここから人影の全くない山の中腹の道を歩くことになります。熊か何か出てきてもおかしくない・・・・。県道に出ましたが、おそらく旧街道と思われる道はさらに山の中に入っていきます。でも、先は行き止まりだそうですし、身の危険を感じ県道と市道を選択しました。

但馬街道 線路

 線路が朝来ののんびりした盆地を貫いて見えました。ここから汽車の写真を撮ったらかっこいいかな?

但馬街道 竹田城に向かう

 長い間心細い心で歩いていましたが、前方の山頂に竹田城の勇姿を見ることができるようになりました。右は円山川で、懐は狭くて、攻め難い城だったと思いますね。

 

あと少しで竹田城です。頑張って歩きますよ!


その11につづく) 


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←ビビりながら歩く惣兵衛に応援のポチッ! お願いします。

但馬街道 物部から竹田
タグ: 朝来市朝来 

[edit]

« 但馬街道を行く! ~その11 竹田の魅力は城跡だけにあらず~寺町前編~表米神社  |  但馬街道を行く! ~その9 ほんの少しの街道の歴史と古墳時代の風も感じる 新井駅から青倉駅まで »

コメント

タイムスリップ

タイムスリップしてみたいですね!
こういうの大好きです!

栄治 #- | URL | 2016/03/29 07:12 * edit *

物部、よくわかりました!
国道と旧国道の分岐の信号(澤第一)から旧国道へ入り線路超えたあたりに昔は「物部」と書かれた地名板があったのですが・・グーグルストリートビューで探しましたがなさそうですね・・さすがに。

こんなに奥深いところに神社が。
もう今ではお祭とお正月しか賑わいがないんでしょうね・・・。

おばちゃん #- | URL | 2016/03/29 19:22 * edit *

栄治さんへ

いいでしょう?

私も大好きです!

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/03/31 18:33 * edit *

おばちゃんさんへ

おばちゃんさんが「物部」に関心をおもちだったので、しっかりと訪問して調べてみました。
地名はその地の歴史を語っているので大事にしたいです。

自治体の合併でかっこいい名前をつけるところもありますが、歴史を捨てては・・・・。

但馬では合併しても市の名前の下に旧町の名前を残してあるところが多いので、ありがたいです。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/03/31 18:39 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/3060-36ba7578
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)