07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

但馬街道を行く! ~その11 竹田の魅力は城跡だけにあらず~寺町前編~表米神社 

 物部から寂しい道を歩き抜けると、「天空の城」として人気の高い竹田城の城下町に入ってきます。

但馬街道 竹田城下町

但馬街道 城下町

 城下町の南のほうは新しくなってしまった家が多く、あまり歴史の香りはありません。

但馬街道 竹田城下町 恵美須神社

 でも、角には由緒ありそうな神社がありました。恵美須神社だそうです。由来はよくわかりませんが、ここから楽しくなりそうです。

但馬街道 寺町通り 表米神社 鳥居
 
 左手には石の鳥居があります。これは表米神社(ひょうまいじんじゃ)の一の鳥居です。少し街道を外れてそちらに向かうことにしましょう。

但馬街道 寺町通り 表米神社 古民家


 参道の両脇にも街割りがされていて、細い路地がありますが、本うだつの上がった建物がありました。

但馬街道 寺町通り 表米神社 石段

 踏切を渡ると、一気に山の斜面に沿ってそびえる急な石段の参道を見上げます。

但馬街道 寺町通り 表米神社 鳥居

 鳥居には立派なしめ縄がかけられています。地元の方々の信仰の厚さが解る気がしますね。

 この表米神社は大きな屋台があって、川を挟んで反対側の諏訪神社の屋台と、竹田秋祭りでは練り合いを見せてくれるそうです。

但馬街道 寺町通り 表米神社 分かれ道

 境内を目の前にして左に折れる細道がありますが、これは竹田城への登山道のひとつです。この登山道路を竹田城を見学を終えた観光客が降りてきておられました。いいことですね。

但馬街道 寺町通り 表米神社 楼門

 立派な楼門が迎えてくれます。正面の入り口の他にもう一つの入り口がある珍しい門です。入り口が身分とか性別により区別されていたのでしょうか。

但馬街道 寺町通り 表米神社 楼門の彫り物

 楼門の彫り物が素晴らしいです。

但馬街道 寺町通り 表米神社 

 楼門をくぐると思いのほか広い境内にたどり着きます。そして、この神社の特徴はこれです
 
但馬街道 寺町通り 表米神社 土俵

 土俵とその裏にある能舞台、そしてそれを半円状に取り囲む段になった相撲桟敷があることです。この様な桟敷はほかに山口県しか例がなく、大変貴重なものだそうです。

但馬街道 寺町通り 表米神社 土俵の説明

 実はこの神社の御祭神は表米宿弥命といい、武人だったようです。ですのでこういう相撲が奉納されたのでしょうか。

 この表米宿弥命を調べると面白いです。

 表米宿弥命は孝徳天皇の皇子の一人で表米皇子だったのですが、謀反の疑いをかけられ、長兄は刑死、次兄は出家、三男であった表米皇子は3歳と幼少であったため但馬に流罪で許されたそうです。
 彼はなかなか力も強い子供で山東町の但馬の一宮の一つである粟鹿神社をよりどころにしたようです。16歳の時、新羅が丹後にたくさんの船で攻めてきました(大化の新羅の賊)。この時、表米皇子は征伐軍の大将に任じられ、日下部姓が与えられたそうです。
 勇猛に戦いながらも船が沈みそうになったのですが、アワビが大量に浮かび上がってすくわれたという言い伝えがあります。これは粟鹿神社の援軍をうけたととらえる方もいるそうです。とにもかくにも寇賊を撃退して、但馬・丹後・丹波の守護職になり、表米神社を建立したそうです。(現在の神社は移転されたもの)
 
 日下部氏はその後、有力な豪族として残り、末裔は山名氏に垣屋・八木・田結庄と並び、四天王と呼ばれた太田垣氏もその一つであり、この竹田城の初代城主となります。
 また、鎌倉時代には末裔のひとつが朝倉氏となったともいわれ、のちの戦国時代の越前 朝倉氏になったとされています。他にも建屋・石和田という名族にもつながるそうです。

但馬街道 寺町通り 表米神社 本殿

 こちらが拝殿であり、その奥には彫刻の素晴らしい本殿があります。

但馬街道 寺町通り 表米神社 右の境内社

 こちらは本殿の右にある境内社です。

但馬街道 寺町通り 表米神社 左の境内社

 左側の境内社は比較的大きなものです。

但馬街道 寺町通り 表米神社 参道を下る

 表米神社を満喫したら石段を下りながら竹田の城下町を見下ろします。



さあ、楽しみですね。


その12につづく) 


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←歴史に触れる、てくてく歩きの旅に応援のポチッ! お願いします。

但馬街道 寺町通り 表米神社 地図
タグ: 朝来市和田山 

[edit]

« 但馬街道を行く! ~その12 竹田の魅力は城跡だけにあらず~寺町後編~寺町通りを歩く  |  但馬街道を行く! ~その10 「物部」って地名に歴史の香りを感じます 青倉から物部 »

コメント

本当に

竹田は本当に寺社仏閣が多く、
そのほとんどが見下ろす位置にあるようにも思います。
しかもかなり荘厳ですよね。
やはりその城を囲むかのように要塞としての役割を
はたしているかのようですね。

栄治 #- | URL | 2016/03/30 07:24 * edit *

実は

この竹田には、高校の同級生がフラワーショップを開いてます。
竹田小学校の目の前、「竹田劇場」という、古民家を改装した
建物の裏手にある「木まもり」がそれです。

また、その表には、世界各地の紅茶と手作りスイーツが楽しめる
「T's Room」というお店が最近オープンしました。
私はコーヒー党なのでまだ1回しか行ったことありませんが、
店内はかなりいい雰囲気ですし、スイーツも美味しかったので、
ぜひ一度訪れてみてください。
車は、目の前の空き地か、橋の下の河川敷に停められます。

なお「木まもり」は木曜が定休日です(「T's Room」は不明です)。

煮豆の欠片 #2E5QY1Po | URL | 2016/03/31 02:03 * edit *

栄治さんへ

その通りですね。
この次の記事でその寺社を紹介しますね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/03/31 18:44 * edit *

煮豆の欠片さんへ

> この竹田には、高校の同級生がフラワーショップを開いてます。
> 竹田小学校の目の前、「竹田劇場」という、古民家を改装した
> 建物の裏手にある「木まもり」がそれです。

実はこの後登場します。


> また、その表には、世界各地の紅茶と手作りスイーツが楽しめる
> 「T's Room」というお店が最近オープンしました。
> 私はコーヒー党なのでまだ1回しか行ったことありませんが、
> 店内はかなりいい雰囲気ですし、スイーツも美味しかったので、
> ぜひ一度訪れてみてください。
> 車は、目の前の空き地か、橋の下の河川敷に停められます。
>
> なお「木まもり」は木曜が定休日です(「T's Room」は不明です)。


ありがとうございます。その店は初めてです。
近日行ってみたいと思います。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/03/31 18:46 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/3061-259a9cac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)