09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

但馬街道を行く! ~その16<完> 枚田から和田山の但馬街道終着点へ  

 さあ、赤淵神社を後にして、いよいよ但馬街道の終着点へ向けて出発です。

但馬街道 牧田の土塀の素晴らしい古民家

 枚田地区から北に向けた旧街道は、またもや農地整備により消失しておりました。でも、北のはずれにはほんの50mほど残っています。そこには、すばらしい木の板を上手に使った土塀が見事な古民家がありました。

但馬街道 枚田の古民家

 すぐ近くにも素敵な古民家があります。この集落はとても豊かな地域だったのでしょうね。

但馬街道 枚田から和田山への道

 さらに歩みを進めるとまたもや車しか通らない寂しい時間が過ぎます。

但馬街道 和田山の旧街道へ

 ついに和田山の市街地の南にたどり着きます。実は昔の街道は今の大きな通りではなくて、川沿いの細い路地です。

但馬街道 和田山旧街道

 なんともいい雰囲気です。その先に見つけたものがこれです。

但馬街道 和田山の地蔵堂

 極端な鋭角の三叉路の先っぽに小さな地蔵堂があります。その脇には・・・・

但馬街道 和田山の道標

 これは有名な道標です。和田山から南方面に文字があって、「右 はりま、左いせ」とされていて、右が但馬街道で播州につづく道、左が伊勢神宮につながる山陰道を指します。

 ここが姫路から続く但馬街道の終着点です。ここからは少しだけ山陰道である和田山を見物しましょう。

 和田山は但馬にとって重要な追分であり、大きな宿場町だったようです。ですのでこの辺りには素晴らしいうだつの上がった古民家が集中しています。

但馬街道 和田山の古民家 

但馬街道 和田山の古民家 

但馬街道 和田山の古民家 

 鉄道が伸びる明治時代初期まではこの辺りが和田山の中心地で、ずいぶん栄えていたことが解ります。

但馬街道 園龍寺

 細い旧街道は再び太い県道に出会います。そこには園龍寺があります。ここには但馬最古の奈良時代の「金銅菩薩立像」があるというだけでなく、約330年前の大水害によって犠牲になった沢山の被害者の霊を慰めるために、この寺に子安地蔵を建立されました。これを祀るために行われるのが但馬三大祭りの和田山地蔵祭りです。

但馬街道 和田山の古民家 

但馬街道 和田山の古民家 

 その脇にも、本うだつの上がった、近年に綺麗に改修し、白壁も美しくなった古民家があります。古い貴重なものを大切にする素晴らしい活動です。心より感謝申し上げたいです。

 県道からを渡り、再び細い旧街道に進みます。

但馬街道 旧街道

 たった50mくらいの距離ですが、6件ほどのうだつの上がった建物があり、古い旅館の看板もあることから、昔の宿場町の名残を感じることができます。

但馬街道 和田山の旧街道
 
 駅前の通りに出ますが、本当の街道は線路沿いの細い道だと思います。

但馬街道 和田山の細道

 いまでは、駐車場が整備されていて、途中で行き止まりになっています。

但馬街道 和田山駅 

 ついに和田山駅に到着しました。


 これで、但馬街道のシリーズは終了です。やっぱり街道を歩くというのは楽しいことでした。体にもいいことですしね。

 次は山陰道を巡りたいと思いますが、JRが使えるのが梁瀬から八鹿まで。あとは・・・。まずは八鹿から城崎温泉へ向かう豊岡街道にしようかな・・・・。

  
すばらしい但馬の街道に乾杯!


(完) 


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←てくてく歩きの旅に応援のポチッ! お願いします。

但馬街道 牧田から和田山 地図

[edit]

« とても手作りでおいしく、良心的なデリバリー弁当 ~ワイズDELLI 豊岡市  |  但馬街道を行く! ~その15 歴史ある厳かな雰囲気を纏った社に感激 赤淵神社 朝来市和田山牧田  »

コメント

勉強に

勉強になりました。
次回は八鹿~知見の珍坂峠、これをお願いします。
秀吉の但馬攻めにも要衝であったと聞いています。
9号、山陰道から但馬攻略にむかった秀吉が
緩い坂にもかかわらず地盤が緩くてなかなか進めなかったことから
その名がついたと言われています。
そんな峠をトンネルではなく、ぜひ峠を越えていただきたいもので(笑)

栄治 #- | URL | 2016/04/08 07:32 * edit *

この周辺は母の実家のあった辺りです。
今はもうないですが、小さい頃よく行きました!
懐かしいです(^-^;

A #- | URL | 2016/04/08 07:38 * edit *

栄治さんへ

> 次回は八鹿~知見の珍坂峠、これをお願いします。

そこですか・・・(汗)。

> 秀吉の但馬攻めにも要衝であったと聞いています。
> 9号、山陰道から但馬攻略にむかった秀吉が
> 緩い坂にもかかわらず地盤が緩くてなかなか進めなかったことから
> その名がついたと言われています。


初めて知りました。それは興味深い。
道場地区にある山名氏の重臣である、太田垣氏の居城を攻めたのでしょうね。

> そんな峠をトンネルではなく、ぜひ峠を越えていただきたいもので(笑)

では、ご一緒しましょうか。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/04/08 08:13 * edit *

Aさんへ

そうなんですね。

Aさんは、もしかしたら表米皇子の血筋を引いていらっしゃるかもしれませんね。

Aさんの小さいころならば、和田山も栄えていた頃でしょうね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/04/08 08:14 * edit *

但馬屋惣兵衛殿

おはようございます。

お疲れ様でした。
じっくりと堪能させていただきました。
車で通り過ぎるのと、ゆっくり散策するのではぜんぜん、見える光景が違いましたね。
今度は、どちらを散策されるのでしょうか。

ひびき #nmxoCd6A | URL | 2016/04/08 08:22 * edit *

お疲れさまでしたね。
あんな素晴らしい道しるべがあったりして驚きでした。
歴史のある町なのですね、和田山って。勉強になりました。

おばちゃん #- | URL | 2016/04/08 13:12 * edit *

ひびきさんへ

長々とお付き合いいただきありがとうございました。

ゆっくり足元を見つめながらの散策もたのしいものです。

旅行先でも、飲みすぎなければ、早朝に起きて周辺を歩くことにしております。
地元の方の姿が見えて楽しいですよ。

次はどこに行きましょうか・・・・。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/04/09 20:39 * edit *

おばちゃんさんへ

そうですね。

昔の宿場町として栄えたころを思い浮かべると楽しいですね。

これからも、但馬の街道を歩いてみたいと思いますので、我慢してお付き合いくださいね(笑)。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/04/09 20:41 * edit *

・・・・・・・

・・・・・・・いえ、ぜひお一人で(^_^;)

栄治 #- | URL | 2016/04/13 12:49 * edit *

栄治さんへ

大丈夫ですよ。ご一緒しましょう。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/04/14 15:42 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/3072-61e7117c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)