03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

丹後半島をぐるりと一周ドライブ ~その1 久美浜の砂浜から五色浜の岩場を満喫 

 ゴールデンウィークですが、子どもたちがサッカーや塾があったりしてなかなかそろわない惣兵衛一家です(涙)。長男は用事があったものの、次男が珍しく完全オフだったので、どこかに行こうかってことで惣兵衛がチョイスしたのが丹後半島一周ドライブです。

 豊岡市街地から離れてて、お隣の久美浜にむかいます。最近はゴルフか入り江の小さな浜にしかお邪魔していなかったのですが、今回はもっとも有名な小天橋にお邪魔しました。

小天橋

 実は惣兵衛にとって学生時代に砂浜といえばこの小天橋でした。ここから写真で見えるように、葛野浜海水浴場、箱石浜海水浴場、浜詰海水浴場、夕日ヶ浦の砂浜 と、5つのビーチが連なる、約6キロメートルのロングビーチの美しさは素晴らしいです。

小天橋

 この小天橋の名前は、まさに日本三景の天橋立の規模を小さくした感じだということで名付けられています。橋のような長い砂洲によって内海である久美浜湾と日本海が隔てられてるのです。

小天橋とモーターパラグライダー

 ところどころ波が高いところがあるのでサーファーが集まっておられましたが、上空にはなんと、エンジンパラグライダーが飛んできました。気持ちがいいだろうな~~。

 気持ちいいスタートが切れましたね。もっとゆっくりしたいとこですが、丹後半島を一周ともなると時間がかかるので、後ろ髪を引かれつつ車に乗り込み、先を急ぎます。

 夕日ケ浦温泉から国道178号線に別れを告げて、久しぶりに走る府道665号線を走ります。府道とは思えない大変な道になります。その脇に五色浜という看板を見つけたので、ちょっと寄り道します。

五色浜 遊歩道

 細い急坂を下っていきます。途中段差があるので、車高の低い車は底をする可能性が高いです。上の段の駐車場が段差が少ないので、そちらをお勧めします。

五色浜 案内看板

 なかなか面白そうなので、遊歩道を海に向かって下っていくことにしました。

五色浜 岩場

 そこには「ヒロイソ」と呼ばれる平らな岩場がありました。他の岩場とは大きく趣を異にします。もろい堆積岩が侵食されて、波のような何とも不思議な形状になっていました。

五色浜 奇岩

 凄いですね。この岩場の近くの海底にあるのが様々な性質を持った小豆大の小石です。これらをもって、五色浜と名付けられたそうです。
 浜では釣りを楽しむ人たちがいらっしゃいました。浜辺にお別れを言い、遊歩道を上がります。

五色浜 キャンプ

 キャンプをされておられる方がいらっしゃいました。確かにこのシチュエーションは穴場ですね。トイレもありますし、他に誰もいないし、快適な芝生の広場があります。上級者向けですが惣兵衛もここでキャンプしてみたいです。

 五色浜にお別れを言ってさらに府道を進みます。本当に慎重に運転しないといけない細いヘアピンカーブが続きます。

 しばらく走ると急な斜面にたくさんの民家が張り付いたような集落に出会います。そこにこんなものが・・・・・

網野町 磯 

 丹後地方と源義経の愛妾である静御前との関係は知っていましたが、この様な小さな集落とは存じ上げませんでした。不勉強に恥じ入ります。

網野町 磯 

 民家の間を縫うように下る、細くて狭い路地を降りていきます。

網野町 磯 

 ここが静御前が義経が頼朝に追われる身になった時に、この地に庵を築き、その後亡くなった子どもや義経の冥福を祈った場所だということです。そうしてみると、何とも寂しい、悲しい場所でしょうか。

網野町 磯 説明文

 そこから見上げる集落は、静御前を励ますような活気を保っているのが救いですね。

網野町 磯 道

 さらに細い道を車を進め、網野からその先に向かいます。




改めて丹後半島を見なおすのもたのしいですね!


その2 につづく)


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←穏やかな砂浜と、厳しい岩肌、歴史の香りを持つ丹後半島に、応援クリックお願いします!

久美浜から磯までの地図

[edit]

« 丹後半島をぐるりと一周ドライブ ~その2 琴引浜の「鳴き砂」と間人漁港   |  神鍋への道中に復活したお寿司やさんでランチをいただきました ~お寿司屋 原田 日高町石井 »

コメント

いいですね~

若い頃はよく行きました。
最近はご無沙汰です。
そのかわり、この前かみさんと息子が天橋立に行ってきました。

栄治 #- | URL | 2016/05/03 07:25 * edit *

但馬屋惣兵衛殿

おはようございます(^^)b

結婚する前には、デートドライブコースで、久美浜は、良くお邪魔しましたよ!
懐かしく思い出しました(^^)b

ひびき #mQop/nM. | URL | 2016/05/03 08:43 * edit *

栄治さんへ

私も大学生時代に帰省したときによく丹後半島は車でドライブしていました。
でも、この府道は初めて走りました。

面白いですね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/05/03 10:57 * edit *

ひびきさんへ


> 結婚する前には、デートドライブコースで、久美浜は、良くお邪魔しましたよ!
> 懐かしく思い出しました(^^)b

思い出の地だったのですね。
ご紹介で来てよかったです。

私も大好きです。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/05/03 10:59 * edit *

あら、実家の前を通られましたね(笑)
昔は久美浜で泳ぐといえば小天橋でしたよね。ここの浜茶屋の素うどんがおいしくてね~。小学生の頃の夏休みの思い出の味です。
でも観光地観光地してしまい小天橋は泳ぐ気になれません。帰省してもたいてい旭、蒲井です。

子午線塔のある公園には行かれなかったのですね?

おばちゃん #- | URL | 2016/05/03 16:23 * edit *

おばちゃんさんへ

> あら、実家の前を通られましたね(笑)
> 昔は久美浜で泳ぐといえば小天橋でしたよね。ここの浜茶屋の素うどんがおいしくてね~。小学生の頃の夏休みの思い出の味です。

 そうですよね。私も大好きでした。砂浜はもちろん、湾の端の岩場もたのしいです。

 たしかにリゾートビーチ的になってしまいましたね。それはそれでいいのですが。


> でも観光地観光地してしまい小天橋は泳ぐ気になれません。帰省してもたいてい旭、蒲井です。

私も近年は蒲井ファンです。


> 子午線塔のある公園には行かれなかったのですね?

 すいません。兵庫県にいると子午線だらけ(明石、黒田の庄、但東町など)なので、ついついパスしてしまいました。素敵な場所なんですか? ならば再訪したいと思います!!

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/05/03 17:50 * edit *

あはは、確かに兵庫県は子午線の県ですよね(笑)
素敵な場所・・・・・ではないですねw
ちょっと山を切り開いて広場を作りそこに子午線塔を作った・・というだけのところです。私がよく行った28年くらい前はそうでしたが今はもっと進化してるかな・・?

おばちゃん #- | URL | 2016/05/03 22:54 * edit *

おばちゃんさんへ

そうなんですよね。

やはりそうでしたか(笑)。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/05/04 16:07 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/3108-5d78894a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)