05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

丹後半島をぐるりと一周ドライブ ~その4 日本のベネチア(?)で楽しむ ~伊根漁港 

 迂回路の大変な山道をやり過ごしたら、また海に向かいます。

 奥方と惣兵衛は結婚してすぐに但馬をドライブして但馬のことをいろいろと教えてあげたのですが、丹後に始めてお邪魔したのが宮津とこの伊根湾です。

 久しぶりの訪問で、惣兵衛も興奮気味です。GWであり、最近テレビで紹介されることが多いので昔よりはるかに車が増えていますね。なんとか湾のなかの商工会の駐車場に車を停めます。お昼をずいぶんすぎてしまったのでお昼ごはんをと思い、舟屋の雰囲気を楽しめる与謝荘さんにお邪魔しようと思いましたが、材料が切れて早々に閉店されていました(涙)。

 仕方がないので、先に伊根の舟屋の海上散策をしたいと船着き場にお邪魔しました。

伊根湾 入り江

 今回は小さな入りの船着き場です。以前は湾の入り口に船着き場のある大きめの伊根湾めぐり遊覧船でしたが、こんどは中心地に近いので、すでに舟屋に囲まれていますよ。

伊根湾 船着き場の舟屋

 ここでは2隻の小型の遊覧船が15分ごとに出港しますが、すでに成洋丸さんは出向されたばかりということで、次の船を待っていました。

伊根湾 遊覧船

 そこに到着したのが亀島丸さんです。

伊根湾 遊覧船に乗る

 料金(中学生以上 1,000円)をお支払いして、船首のほうに座りますよ。

伊根湾 湾に出港

 さあ、伊根湾に出港です。これまでの記事でもご紹介した通り、この日は風が強くて波が高かったのですが、この伊根湾は山陰では珍しい南に湾口がある港で、そこに大きな青島が防波堤の役割をして、ほとんど波がない港です。

伊根湾 祇園神社

 写真の上に祇園神社という神社がありますが、昔は浸水を恐れてその神社の場所に家屋があったそうですが、江戸時代後期に干満の差が50センチほどしかなく、波もないので、直ぐ近くにも家が建てても危険がなく、一階に船を置けば合理的だということで、みんながじょじょに舟屋を築き、この様な珍しい港になったということです。

 御主人が写真集をつくってくれていて、それを見たり、御主人がものすごく丁寧に説明してくれるのでありがたいです。信仰を集める祇園神社の祇園祭の様子が写真集にありました。

伊根湾 祇園祭の様子

伊根湾 祇園祭の様子

 さすが船の街ですね。京都の祇園祭の鉾が船に乗った感じです。一度見に行きたいと思いました。

伊根湾 寅さんのロケに使った舟屋

 こいのぼりの隣にあるのが、映画「男はつらいよ 第29作 虎次郎あじさいの恋」ロケで使われた舟屋だそうです。

伊根湾 各年代の舟屋

 こちらは違う年代の舟屋が並ぶところです。一番左が江戸時代の舟屋、右が大正時代の舟屋、真中が昭和の舟屋だそうです。それぞれほんの少しずつ違いますね。それと、気が付かれた方がいらっしゃるかもしれませんが、壁が上になるにしたがって内側になるよう斜めになっています。壁や柱が少ないので、テントのように壁が内側になることで強度を持たせているのでしょう。

伊根湾 古い舟屋の写真

 今はトタンや瓦屋根が多いですが、昔は藁ぶきだったようです。

伊根湾 青島

 これが先に紹介した防波堤のような役割を持っている青島です。ここには漁業者の神様である恵美須神社がありますし、そこでは海釣りをしている人がいますし、手前には養殖用のゲージがあります。

伊根湾 マグロ

 実際にこの辺りにはイルカやクジラも入ってくるようで、写真のような巨大なマグロもとれることがあるそうです。


伊根湾 

 ここは入り江になったところにたくさんの舟屋が連なるところです。まるでUSJのセットのようです。

伊根湾 釣りバカ日誌のロケ地

 実際に、上の写真の暖簾のかかった舟屋では「釣りバカ日誌 5」のロケ地として使われたようです。

 さあ、ここからはお楽しみタイムです。

伊根湾 かもめの餌

 船首さんがかっぱえびせんを渡してくれました。少しずつ空に投げてくださいといわれて、投げ始めると、あっという間に・・・・

伊根湾 カモメ

 大量のカモメに囲まれました。ついでにトビも・・・・。次男は初めてだったみたいでとても喜んでいましたね。

 遊覧船の航海はこれで終了です。とても楽しいので、ぜひともご利用くださいね。


 すでに1時半になったのでおなかがグーグーです。食事ができるお店を探します。

伊根湾 かもめ

 こちらは舟屋を利用した食堂 かもめさんですが、3つのテーブルしかないのに、5組まちで、次の機会としてあきらめます。

 ほかのお店も具材がなくなって早々に閉店(涙)。

伊根湾 舟屋の内部

 空腹ですが、なんとか舟屋の内部を見ることができました。

伊根湾 酒蔵むかい 

 伊根の若い女性たちが頑張る造り酒屋 蔵元むかいさん(後日ご紹介します)で買い物をしますが、ますますおなかがすいてきた・・・。

 この後、湾を離れて、山上にある道の駅にむかいますが・・・・

伊根湾 道の駅

 こちらは大行列。伊根は人気がある割にたべるところが少ないので注意ですね。


 おなかをすかせたまま伊根を離れました。($・・)/~~~


おなかがすいては戦はできない!


(その5 につづく)


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←遊覧船で大満足の惣兵衛一家に、応援クリックお願いします!

伊根 地図

[edit]

« 海鮮のお土産やさんのレストランで自慢の海鮮丼をいただきました ~瑞松苑 京都府宮津市  |  丹後半島をぐるりと一周ドライブ ~その3 丹後半島のジオパークを楽しむ 立岩と屏風岩 »

コメント

こちらの

こちらの船小屋ってのは
独特ですよね。
ならではです!

栄治 #- | URL | 2016/05/06 07:26 * edit *

最近こちらでもよく伊根は特集されていますよ。
釣りバカ日誌でロケになったのは私が結婚する年だったと思います。久美浜でも上映会がありました!

娘が幼稚園のころかな?!夏休み帰省した時に三人で丹後半島ドライブして伊根にも行きました。船には乗りませんでしたがね。お昼は道の駅に行ったと思います。

おばちゃん #- | URL | 2016/05/06 08:15 * edit *

但馬屋惣兵衛殿

おはようございます。

伊根の船屋にも久しくお邪魔しておりませんので、懐かしく見させて頂きました。
ブリしゃぶの季節にお邪魔したいですね~

ひびき #nmxoCd6A | URL | 2016/05/06 08:26 * edit *

栄治さんへ

本当に面白いです。
いつみてもいいですね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/05/06 13:39 * edit *

おばちゃんさんへ

そうでしょうね。

面白い場所ですからね。
でも、公共交通機関で行くのは大変かな?

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/05/06 13:40 * edit *

ひびきさんへ

そうですね。

ブリの三大漁港だそうですし、ここからブリしゃぶが始まりましたね。

私も食べたいです。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/05/06 13:41 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/3111-cfbe1591
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)