08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

新しくできた素敵な割烹のお店 ~酒彩 奏(かなで) 


 豊岡市街地で宴席が持たれました。少し前に開店して、気になっていた
酒彩 奏(かなで)さんにお邪魔することになりました。

奏 外観

 豊岡市の繁華街の生田通りのほぼ中央部でしょうか。昔、今も人気のある夢丸さんがお店を始めた場所ですね。移転されてからは別のお店が入ったと思いますが、また新たになったということです。

奏 店内

 お店に入ってびっくりです。昔の面影は全くありません。左手には白木の美しいカウンターがあり、右手には格子戸で仕切られた大小の座敷があります。

奏 座敷

 季節の花が飾られてとてもいい雰囲気ですね。でも、このあと照明が少し弱いので写真では苦労しました。

奏 膳

 お膳に塗りの器に入れられたお料理が運ばれ宴席の準備が整いました。

奏 お酒メニュー

 今回のコースは90分飲み放題で7,000円の予算です。これは漢字としてはありがたいですね。どんなお料理が出るのか楽しみです!

奏 乾杯

 さあ、生ビールで乾杯して宴席のスタートです。

奏 前菜

 テーブルに置かれた器のふたを開けるとすてきな前菜が現れました。

 左手前からしし唐焼きもずく酢。奥に進んでそら豆の揚げ煮って感じの一品。カモのローストのアボカドマヨネーズ巻きアワビという豪勢なものでした。

奏 刺身

 つづいて刺身盛りです。長いお皿に3人盛られていました。甘海老、サバ、イカ、マグロ、タイです。

奏 マグロ

 マグロは醤油で頂きます。本マクロにこだわらずおいしいものをチョイスされたのでしょう。おいしいマグロでした。

奏 イカ

 イカは粗塩で頂きます。これはおいしいですね。

奏 牛たたき

 その次の登場したのが和牛のたたき サラダ仕立てです。

奏 牛たたき いただきます

 たたきであらかじめからトマトなどの野菜がまかれていました。初めての組み合わせですがいただきます。牛肉は炭火焼き的な香ばしさもあり、うまかったですよ。これはありですね。

奏 椀物

 この日の椀物は白身魚となすの揚げ煮です。だしもおいしかったです。

奏 タイの塩焼き

 焼き魚は頭の分としっぽの部位と出されました。私はしっぽの部位だったので確たることは言えませんが、遠目で見た頭の形状から、おそらくグジ(アカアマダイ)の塩焼きだと思います。
 脂がのっていながらも、白身のさっぱりとしたおいしい焼き魚でした。

奏 アジの炙り丼 

 ご飯ものにはさらに驚かされました。なんだとおもいますか?なんとアジの炙り丼です。匙に入れられた醤油たれをかけますよ~。

奏 アジの炙り丼 アップ

 醤油の照りが加わってさらにおいしそうになりましたね。いただきます!

奏 アジの炙り丼 いただきます

 これはおいしいですね。新鮮な脂ののった魚とご飯と醤油たれの香ばしさがたまりません。

奏 デザート

 おいしいご飯料理の余韻に浸っていたらデザートの登場です。抹茶のムースでした。これも大人の味でうまかったです。


 初めてのお店でしたがとてもよかったです。量もいい感じですし、料理に個性や工夫もあっていいです。大将は神鍋山荘 和楽のご主人の同級生とか。納得でした。

 豊岡にまた新しい素敵なお店ができました。またお邪魔したいと思います。



ご馳走様でした。またお邪魔します

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←豊岡市街地にできた素晴らしい和食の料理店さんに応援クリックお願いします。励みになります!


酒彩 奏



関連ランキング:割烹・小料理 | 豊岡駅


[edit]

« お昼からおいしいお刺身を楽しめる居酒屋さん ~白木屋早田 日高町  |  今年2件目の冷麺はボリュームたっぷりのサラダ風でした ~つぼ茶屋 養父市養父 »

コメント

うまいもん

うまいもんいっぱいですね。
刺身も新鮮そうで。
店の雰囲気がいいですね~。

栄治 #- | URL | 2016/07/06 07:18 * edit *

栄治さんへ

いい感じでしょう?

こういったお店に豊岡には新しい波が来ている気がしますね。
ちょっと高級居酒屋さんから、こういったおしゃれで手軽な日本料理屋さんが増えてくると楽しいです。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/07/06 08:11 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/3156-60b11239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)