01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

両国にある東京江戸博物館で東京の歴史に触れる ~東京都両国 

 夕食の紹介の前に両国国技館のあとに寄った隣にある東京江戸博物館のご紹介です。

東京江戸博物館 外観

 これが都営の博物館というから驚きです。催しものや企画展は1階で行われていますが、時間がないので5~6階にある常設展を観に行くことにします。

 エレベーターを6階で降りるといきなり度肝を抜かれます。

東京江戸博物館 復元された日本橋

 なんと江戸時代の日本橋を実物大で復元されておりました。ビルの6階にこんなものを建ててしまうなんて・・・。

東京江戸博物館 日本橋

 その上を歩くと、当時の人たちもこの立派な橋に驚いたのだろうなと想像してしまいます。

東京江戸博物館 芝居小屋

 橋の上から5階を見下ろすと江戸時代の芝居小屋があります。ここでは江戸時代の庶民の生活や文化が紹介されています。後で紹介しますね。

東京江戸博物館 洋風建築

 逆の右側には洋風の建築物があります。こちらは明治維新以降から現代までの東京の歴史と暮らしぶりが展示されています。

東京江戸博物館 日本橋

 凄いの一言です。橋を渡ると徳川幕府が作った江戸の街の様子がミニチュアなどで紹介されています。

東京江戸博物館 武家屋敷

 まずは江戸城の御殿や武家屋敷のミニチュアです。

東京江戸博物館 江戸城

 そして完成当初の江戸城です。現在の地形を合わせてみるととても興味深いですね。

 またもやびっくりはこれです。

東京江戸博物館 日本橋の様子

 日本橋から江戸の城下町の様子を精密なミニチュアモデルで再現したものです。

東京江戸博物館 ミニチュア
 
 それぞれ表情が違い、職業もバラバラ。遊んでいる子どももいるし、大道芸で楽しむ人たちもいます。蕎麦においてある双眼鏡で見ると、細かく見えるだけでなく遠近感も出るので、さらに街に自分がいるかのような錯覚を覚えるほどの出来栄えです。これは見るべきですね。

 ここからは江戸の生活の展示になります。江戸時代の長屋の再現されたものもあってなかなか興味深いですよ。

東京江戸博物館 火消し

 こちらは江戸時代の町火消しの資料です。

東京江戸博物館 迷子知らせ石

 この石碑のレプリカは迷子知らせ石です。すでに100万人を超える人口密集地だった江戸では迷子が社会問題になっていて、迷子は見つけた町の隣保みんなで育てるという定めもあったそうです。そこで迷子があったらこのような石碑を通りに建てたりしたそうですし、子どもには迷子札と呼ばれる名前と町名を記した札を身につけさせていたそうです。

東京江戸博物館 江戸ゾーン

 ここからは江戸ゾーン

東京江戸博物館 江戸ゾーン

 屋台で始まった寿司屋や、蕎麦の屋台、浮世絵などが紹介さいれています。

東京江戸博物館 山車

東京江戸博物館 祭りの様子

 こちらは神田の山車。東寺のお祭りの様子が紹介されています。江戸時代には御輿だけでなくたくさんの山車が出てすさまじく賑やかだったようです。

東京江戸博物館 芝居小屋レプリカ

 こちらが当時の芝居小屋のレプリカです。

東京江戸博物館 芝居小屋内部

 内部を観るととてつもなく巨大な施設だったとわかりますね。中に柱がないのに木造でこの様な施設を作った江戸の大工の技術は凄いです。

東京江戸博物館 歌舞伎


 さて、ここからは東京ゾーン

東京江戸博物館 東京ゾーン

 文明開化でにぎわう明治時代から現代にいたるまでの東京の様子を学ぶことができます。

東京江戸博物館 文明開化

 その後の関東大震災、太平洋戦争への道、東京大空襲、高度成長時代の生活の変化など、実物大の家の様子なども見ながら楽しく学べます。


 そしてこの日は山岡鉄舟の特別展がありました。

東京江戸博物館 山岡鉄舟展

 山岡鉄舟は私の尊敬する勝海舟、高橋泥舟と並んで「幕末の三舟」と呼ばれ、勝海舟の手紙をもって最初に西郷隆盛と江戸の無血開城に向けて折衝した人物として知られます。

東京江戸博物館 山岡鉄舟展

 その勝海舟から西郷隆盛に宛てた手紙が展示されていました。


 この施設の入場料も600円ですが、これまた十分に楽しめる施設です。両国にお寄りの際はぜひとも行ってみるべしだと思いますよ。



いよいよ夕ご飯ですね!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←歴史探訪が大好きな惣兵衛に、応援クリックお願いします!

[edit]

« 本物の相撲部屋で美味しいちゃんことパフォーマンスを楽しむ ~割烹 吉葉 東京都両国  |  相撲の街 両国界隈をぶらり歩きで惣兵衛のアイドルゆかりの地へ ~東京都両国 »

コメント

日本の

日本の首都ですね~。
さすがです。
歴史もの(時代劇)そのまんまですね!

栄治 #- | URL | 2016/09/02 07:24 * edit *

栄治さんへ

> 日本の首都ですね~。
> さすがです。
> 歴史もの(時代劇)そのまんまですね!

ここもご子息が喜ばれると思います。
是非に!

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/09/02 17:29 * edit *

懐かしい

中学の修学旅行で立ち寄りました。
駆け足での見学だったので、細かい内容はほとんど
覚えてませんが、当時と今とでは見る目も全く違いますから、
また機会を作って出かけたいと思います(*^^*)

煮豆の欠片 #2E5QY1Po | URL | 2016/09/03 06:09 * edit *

煮豆の欠片さんへ

> 中学の修学旅行で立ち寄りました。
> 駆け足での見学だったので、細かい内容はほとんど
> 覚えてませんが、当時と今とでは見る目も全く違いますから、
> また機会を作って出かけたいと思います(*^^*)

ぜひそうしてみてください。
こういう博物館はある程度の予備知識がないとよくわからないでしょうね。

まったく何もなかった江戸が徳川家康によって巨大都市に代わっていき、明治維新においては、西洋の人々が驚くほど西洋文化を取り入れた東京の変貌ぶり、関東大震災、東京大空襲など、具体的な姿が見られて面白かったですね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/09/05 08:16 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/3242-833349db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)