01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

立杭の郷の近くにあるもみじが美しく素晴らしい山寺 ~西国二十五番札所 播州清水寺 加東市 

 さあ、目的のお寺まいりです。篠山からさらに南下し、立杭焼の郷を越えてそのお寺のある山が見えてきました。

播州清水寺 山

 正面の山にあるのが播州清水寺というお寺です。整備された2車線の道路の入り口で入山拝観料(大人500円、高校生300円、中学生以下無料)を支払いして車で駐車場まで登ります。

 このお寺について少し説明を。

 もともとは約1800年前にインドの僧がこの山に住まわれたそうです。627年に推古天皇勅令により根本中堂が建立されましたが、山の上ということもあり水不足に悩まされます。そこで仙人、水神に祈願したところ霊泉が湧き出たことから「清水寺」と名付けられたそうです。
 
播州清水寺 仁王門

 駐車場では朱色と白い漆喰の壁が美しい仁王門が迎えてくれます。

播州清水寺 仁王門 金剛力士像 播州清水寺 仁王門 金剛力士像

 門の両端には立派な金剛力士像がおわします。

播州清水寺 スタンプリレー

 ここで、入山時にもらったスタンプラリーの台紙にハンコを押してクイズの回答を書いていきますよ。

播州清水寺 売店

 まずは売店茶店が迎えてくれます。おなかがすいたらいいですね。

播州清水寺 参道

 先ず参道を緩やかに下っていきます。上り坂を予想していたので楽ちんで助かります。

播州清水寺 石段

 途中、このような急な石段の道があります。とても雰囲気がいいですね。これは石楠花花道というようです。その先には紫陽花道という坂もあります。花の時期には素晴らしいのでしょうね。

播州清水寺 手水場

 まずは手水場で気を清めてお参りしましょう。

播州清水寺 薬師堂

 すぐそこには薬師堂があります。この中の壁面には様々な金属製の仏像がありました。何とも言えない雰囲気だと思ったら、あの「せんとくん」のデザイナーさんが手がけたものだそうです。

播州清水寺 大講堂から本堂への石段を

 ここには放生池という池があって、その向こうには本堂に向かう石段が伸びています。

播州清水寺 大講堂

 その池の隣には聖武天皇の命により行基上人が建立した大講堂があります。素晴らしく堂々とした建物です。

播州清水寺 大講堂 

 堂内での撮影は禁止ですので外からです。道内でお参りを済ませたらさらに中に入ります。そこでは千手観音坐像のすぐそばまで寄ってお参りすることができます。ありがたいことです。

播州清水寺 御朱印

播州清水寺 御朱印

 ここで御朱印をしていただきます。ありがたや~~~。

播州清水寺 もみじ

 大講堂を後にするとその向こう側に降りていく石段があります。ここのもみじが素晴らしい!

播州清水寺 本坊へ

 石段をおりたら本坊があります。ここで巡礼者の食事(要予約)や研修などが行われるそうです。

播州清水寺 本坊

 この日は御本尊の御開帳(平成29年11月1日~30日)を前にした展示が行われていました。

播州清水寺 大講堂と紅葉

 先ほど降りた石段を戻りますが、大講堂ともみじの素晴らしい景色が目の前に広がります。

播州清水寺 石段

 さあ、ここから石段を登っていきます。

播州清水寺 地蔵堂

 石段の途中に地蔵堂があります。

播州清水寺 鐘楼

 その反対側には立派な鐘楼がありました。

播州清水寺 鐘楼内部

 この鐘は撞くことができるので、心安らかに澄んだ音色を響かせてください。

播州清水寺 根本中堂

 石段を登り切ると根本中堂です。なかにはご本尊であります十一面観音像がおわせられますが、秘仏とされているので御顔を拝見することはかないません。来年の11月にいかがでしょうか。

播州清水寺 根本中堂

 さて、根本中堂が最も高いところではありません。もう少し上ると何やら石段のある広い場所があります。

播州清水寺 多宝塔跡

 これは多宝塔跡であり、その名の通り立派な塔があったようですね。

播州清水寺 多宝塔跡

 沢山の礎石が並んでいます。将来は多宝塔が別の場所に再建される予定のようです。

播州清水寺 滾浄水(こんじょうすい

 多宝塔から尾根沿いに少し下ると滾浄水(こんじょうすい)があります。これが清水寺の名の由緒の地です。この山の中に湧き水が出るとはすごいですね。今でもきれいな水があって、水面に顔が映れば願いがかなうそうです。

播州清水寺 月見亭

 こちらが月見亭で、見事な二十六夜の月が見られる場所だそうです。


 これでほぼすべての建物のお参りを済ませました。それほど広くない敷地ですが、1時間はゆっくり見たいものです。


播州清水寺 スタンプリレーの記念品

 こちらがスタンプラリーを終えていただいたものです。立派なものでおどろきました。ただし、交換は売店だと思ったのですが、大講堂で交換だということで、急いで戻ることになりました。皆さんはお間違いのないように(笑)。


 紅葉も見事ですし、お寺も素晴らしいものでした。次は花の季節に訪れたいですし、来年の御開帳にも立ち合えたらいいですね。



お寺まいりもいいものです!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←西国三十三か所巡りを楽しむ惣兵衛夫婦に、応援クリックお願いします!

播州清水寺 境内案内図

[edit]

« 掘っ建て小屋風の持ち帰りもできて、なぜか地物野菜も買えるカレー屋さん ~上級 家カレー 三代目 奥三田 三田市  |  篠山の郊外にある絶品かつメガ盛りのうどんやさん ~麺工房 一寸法師 篠山市 »

コメント

古いですね

その歴史が感じられますね。
推古天皇っていうと古代ロマン。。。

栄治 #- | URL | 2016/12/01 07:28 * edit *

栄治さんへ

> その歴史が感じられますね。
> 推古天皇っていうと古代ロマン。。。

ほんとうですね。
関西は歩けば古い古の歴史に出会えます。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/12/04 16:03 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/3319-e2d23f79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)