01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

我が家の冬の鍋の定番の一つの鴨鍋と鴨葱で家族団らん 

 鴨肉を買ってきました~~~~!

鴨肉

 関ノ宮に仕事で行ってきたので、ついでに福井精肉店さんに寄ったのです。但馬牛もおいしいですし、国産の鴨肉が手ごろな値段でいつもあるのが嬉しいです。

 こうなったら鴨鍋でしょう。


 惣兵衛は鴨鍋をする時は手を抜きません。そばつゆ作りから始めます。

出汁 本返しの材料

 まずは本返しの材料の準備です。白ザラメ糖、みりん、濃い口しょうゆです。お店によっては火にかけずにそれぞれ混ぜて、長い時間ねかして溶けて融合するのを待つお店もあるそうですが、直ぐに食べたいので火にかけますよ。

出汁 荒節

 つづいてだしをとります。荒節を使うことにします。

出汁 一番だしを濾す

 鍋にたくさんの荒節を入れて、湯を沸かします。沸騰して2分ほどで濾します。これで一番だしの完成です。同じ大きさのざるを2つ用意して、間に布巾を挟んだもので濾せば後の作業が楽です。

 鍋にもう一度水をいれて、濾した鰹節をもう一度投入して火にかけます。同時進行で本返しを作るためにみりんに白ザラメ糖を入れてゆっくりと丁寧に煮溶かしていきます。

出汁 本返し

 ザラメ糖が解けたらしょう油を少しずつ加えていきます。一気に入れるとせっかく溶けたザラメ糖が再凝固して水あめみたいになるので慎重に。すべて混ぜたら、真っ赤に焼けた鉄の箸などをいれて、ジュッといわせます。こうすると香りがよくなると思います。

 これでしばらくねかせば本返しの完成です。

 もう一度鰹節を入れた鍋が沸騰したら、3分ほどで先ほどと同じ要領で濾します。

出汁 一番だしと二番だしの完成

 出汁が完成しました。左の濃いほうが一番だし、右の薄いほうが二番だしです。粗熱がとれたら容器に入れて冷蔵庫にしまえばいつでも使えます。

 だしを休ませて落ち着かせる合間に鴨葱を作ります。

鴨ネギ 鴨を焼く

 すこし塩で下味をつけた鴨肉を油をひかずにフライパンで焼きます。

鴨ネギ ねぎを焼く

 鴨肉が焼けたら取り出します。鴨肉を焼くと凄い量の脂が出ますので、その脂を利用してネギを強火で焼いて焦げ目をつけます。

 少し塩コショウして完成です。

鴨ネギ 完成

 鴨ネギは最高のおつまみですよ。


 さあ、主役のです。

 まずは一緒に頂くそばをつくります。本当は手打ちにしたいのですが時間がないので出石に仕事で寄った際に大好きなお店のひとつ そば庄 鉄砲店さんでお土産用の蕎麦を買いました。

そば

 お土産用の蕎麦もそれぞれ違います。お好みの蕎麦を探してみてくださいね。

鴨鍋 そば完成

 少し硬めにゆでて蕎麦の完成です。

鴨鍋 つゆ

つゆも本返しも落ち着いたので分量を量って、一番だしと二番だしと調合して蕎麦のかけつゆをつくって土鍋にはります。

鴨鍋 材料

 本当はあれこれ具材を入れたくないのですが、家族のリクエストを聞きながら鍋の材料が準備完了です!

鴨鍋 火にかける

 鍋に具材を入れますよ。なんておいしそうなのでしょう!

鴨鍋 完成

 鍋が煮立ったら鴨鍋の完成です。

鴨鍋 いただきます

 鴨肉や野菜をいただき最高です。でも一番おいしいのはうまみの詰まったつゆにそばをくぐらせていただくのがたまりません。


 なぜか鴨鍋は体がポカポカしますね。今回もおいしくいただきました。

 残ったつゆは残った鴨肉とネギを使って、翌日も鴨汁蕎麦にしてもいいですし、どんぶりの割り下にしてもいいと思います。




カニや但馬牛もいいですが、鴨肉もいいですね!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←鴨鍋になると必死になる惣兵衛に、応援クリックお願いします!

[edit]

« 韓国料理で忘年会もたのしいものです ~韓国料理 吉田屋 豊岡市  |  豊岡の老舗寿司屋さんで久しぶりに割烹をいただきました ~寿司・割烹 清八 豊岡市 »

コメント

なんだか

この前帰宅途上で
なんだかいいかおりがしてきたと思ったら。。。(笑)
そういうことですね!

栄治 #- | URL | 2016/12/21 07:15 * edit *

私は昨日某ラーメン屋さんで「鴨中華そば」を食べましたが、その時一緒に行っているものから聞いたのですが、鴨肉って鴨の肉ではなくアヒルの肉なんですか???(^-^;

A #- | URL | 2016/12/21 07:36 * edit *

但馬屋惣兵衛殿

おはようございます。
無茶苦茶、手がこんでいますね。

是非とも、鴨鍋ご馳走して下さい。
そばが美味いだろうな~
想像するだけで、お酒が飲みたくなります(^^)

ひびき #vQU5PwVA | URL | 2016/12/21 08:26 * edit *

栄治さんへ

> この前帰宅途上で
> なんだかいいかおりがしてきたと思ったら。。。(笑)
> そういうことですね!

そんなに広範囲に香りが漂っていましたか・・・・。

(;^ω^)

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/12/21 14:57 * edit *

Aさんへ

> 私は昨日某ラーメン屋さんで「鴨中華そば」を食べましたが、その時一緒に行っているものから聞いたのですが、鴨肉って鴨の肉ではなくアヒルの肉なんですか???(^-^;


そうそう。でも正確ではないです。

そもそもアヒルは真鴨を中国で食用に品種改良したものです。
鴨の一種です。
そして、合鴨は真鴨とアヒルを掛け合わせたものです。
今はこの合鴨を使っています。

アヒルは鴨の仲間です。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/12/21 15:04 * edit *

ひびきさんへ

> おはようございます。
> 無茶苦茶、手がこんでいますね。

そばつゆだけは市販のものでは満足できないのです。
ぎりぎり創味のつゆかな。
こうして作ると格段においしいです。

>
> 是非とも、鴨鍋ご馳走して下さい。
> そばが美味いだろうな~
> 想像するだけで、お酒が飲みたくなります(^^)

いいですね~。
いつか鍋をつつきましょう。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/12/21 15:05 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/3339-1fc32161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)