05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

但馬五社参りを振り返る ~その5~ 粟鹿神社 朝来市山東町 

 さあ、但馬五社最後の神社になります。最も南に位置するのは山東町の粟鹿神社さんです。式内社 名神大 但馬國一宮 旧県社です。以前も紹介したことがありましたが、ブログを始めたころですので今回はもう少し詳細に。

粟鹿神社 門

 鳥居をくぐって参道を進むと二つの門が並びます。手前が勅使門で、奥が日の出門です。

 勅使門があるのがこの神社の特徴であり、独特の歴史を示しています。この門は天皇か勅使しかくぐれないのでいつも締まっています。
 これは九州に遠征していた天皇が戦死したのちに、その妻の神功皇后が天皇となり九州を平定、その後朝鮮半島にわたって新羅を征伐(三韓征伐)を行った時に功のあった粟鹿神社に勅使をたてた時に、神社が迎えるために作った門とされています。
 
 粟鹿神社は血気盛んな皇子の表米皇子を迎え、表米皇子が舞鶴に新羅の賊が大挙して押し寄せた際に征伐軍の大将を務めた時に援軍を送って(神話の中では念じたら海から大量のアワビが出てきたとされている)助けたとされるなど、6世紀までに活発に活躍したようです。
 
 また、粟鹿の名前も、泡を咥えた鹿が山から下りてきてこの地域の人たちに農耕をおしえたとされ、それが粟鹿神社の由来であり、この地の名前にもつながるという神話もあります。

 ただ、創建は不詳で、祭神は彦火々出見尊とも、四道将軍の一人である日子坐王とする説もあるそうです。

粟鹿神社 日の出門

 一般市民である惣兵衛は当然のごとく日の出門から境内に入ります。凄い行列です。

 この日の出門がまた面白いのです。

粟鹿神社 隋神像

 手前には一般的な神門と同じく隋神像がおかれていますが、境内のほうには・・・・

粟鹿神社 狛犬

 狛犬がにらみを利かしています。但馬ではあまり見ない形式ですね。

粟鹿神社 手水舎

 手水舎で身を清めますが、行列はこの先にはありません。参拝者に対して手水舎が小さいのでここで渋滞が発生していたのです。

粟鹿神社 境内

 境内は楕円形に広がり周りを神社が囲む形になっています。参道の正面に拝殿と本殿があるという形式をとっておられないのも興味深いですね。

粟鹿神社 猿田彦神社

 拝殿に向かうと、右手前に猿田彦神社があります。これは先導の神、導きの神とされています。本殿に向かう賛同の脇にあるのはそのためでしょうか。


粟鹿神社 拝殿

 いよいよ拝殿に向かって参拝を行います。勿論ここにも狛犬がいますが、拝殿には沢山のお酒が献上されていて、人々の信仰の篤さがうかがい知れます。

粟鹿神社 床浦神社と本殿

 拝殿の奥にある縁結びの神様である床浦神社から本殿を望みます。なかなか調和のとれた拝殿と本殿のシュルエットが印象的ですね。

粟鹿神社 茗荷神社

 境内の一番奥の少し下がったところにあるのが茗荷神社です。この神社があるために、粟鹿神社の紋の右半分が菊で、左半分が茗荷というデザインになっています。

粟鹿神社 稲荷社参道
 
 茗荷神社の左隣にはこんもりとした山があり、そこには石段が続き、朱色の鳥居が連なっています。さっそく登ってみました。

粟鹿神社 稲荷社

  想像の通り稲荷社がひっそりとたたずんでおわしました。

 さらに手前には池の中にある社があります。

粟鹿神社 厳島神社

 これは養父神社にもありましたが、厳島神社です。海神であり、女神様なのですが、この山間の地まで海運が盛んだったとは思えません。女性の神として信仰されたのでしょうか。

粟鹿神社 天満宮

 さらに手前には天満宮がありました。祀られているのは当然、菅原道真公ですね。学問の神様です。奥方と一緒に長男と次男の受験の成功を一心不乱に祈りました(笑)。がんばれよ~~~。

 手前にある砲弾と思われるものが何なのか気になるところです。


 久しぶりの参拝でしたが、自然の地形を上手く使った境内の様子はまるで庭の様でよかったですね。




もう一つ但馬に一の宮があってもいいですね!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村  ←但馬の入り口に位置して但馬を守ってきた神社に、応援クリックお願いします!

粟鹿神社 地図

[edit]

« 但馬五社のついでに勝負運のための初詣 ~當勝神社 朝来市山東町  |  但馬五社参りを振り返る ~その4~ 養父神社 養父市 »

コメント

こちらには

こちらには何度かお参りに行きましたが
いちばん古いような気もします(その見た目)
それでもやはり荘厳な造りはすばらしいですね。

栄治 #- | URL | 2017/01/29 08:47 * edit *

栄治さんへ

> こちらには何度かお参りに行きましたが
> いちばん古いような気もします(その見た目)
> それでもやはり荘厳な造りはすばらしいですね。

古いですね。
過去に4回、朝廷から勅使が来たということです。

丹波から但馬への峠は難所で、さらににここから先も古の時代には大変だったようでここから先には進まず、ここで但馬は勅使を迎えたのでしょうね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2017/01/30 08:21 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/3364-695ab325
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)