08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

但馬五社のついでに勝負運のための初詣 ~當勝神社 朝来市山東町 

 粟鹿神社で但馬五社参りをコンプリートした惣兵衛ですが、もう一つだけ参りたい神社があります。それは當勝神社(まさかつじんじゃ)さんです。名前が示す通り、勝負や商売の神様です。

當勝神社 鳥居

 粟鹿神社よりも少しさらに登ったところにある神社です。二つの大きな谷間の間に衝立のように盛り上がっている尾根の森の先端に鳥居が見えていて、それが参道の始まりになっています。

當勝神社 手水舎

 雰囲気のある森の中をジグザグに築かれた参道を登っていくと手水舎があります。ここで心と身を清めましょう。

 そこを少し登るとその先にはさらに神聖な場所があるのではと思わせるような隋身門があります。

當勝神社 隋身門

 この神社の参道は但馬でも有数の素晴らしい雰囲気を持っています。

當勝神社 隋身門の彫刻

 そしてこの神社の素晴らしさのひとつである、意匠を凝らした彫刻です。中井権次橘正次という著名な彫刻家の作品です。

當勝神社 境内と拝殿

 隋身門は絵馬堂、社務所と一体になっていて、その先には土俵が作れるくらいのちょっとした広間の境内があります。

 そして、屋根に守られた狛犬の先には石段があり、その石垣の上には拝殿と本殿などの社が密集して建てられています。

當勝神社 拝殿

 拝殿のつくりがまた素晴らしいのです。建物の個性と彫刻の美しさに息を飲みます。

當勝神社 拝殿の献上の品

 南但馬だけでなく、北但馬各地、さらには丹後や丹波からも商売人の方々からの献上の品々が並んでいます。それだけでなく、隋神門の前で一枚50円で売られていた油揚げも備えられていました。これは粟鹿神社でも見られました。稲荷信仰がこの辺りでは盛んだったのかもしれません。

當勝神社 境内社

 本殿へのお参りがすんだら左手の雰囲気のある境内社のお参りに向かいます。手前が當勝天神で、もともとの本殿で立派な作りになっています。学問の神様とされ、名まえから受験に勝ちそうですので、長男と次男の受験の成功を願って必死のお祈りをいたしました(笑)。

 奥は靖霊社です。戦いに散った英霊を祀る社です。心より感謝の祈りを捧げました。

當勝神社 逆杉社

 本殿に向かって右側に移動すると逆杉社が見えます。逆杉といえば鬼伝説もありますが、ここでは木の神様とされています。山深い場所ですので林業の神様だったのかな。

當勝神社 當勝神社稲荷大明神 参道

 さらにその先に行くと、本殿からさらに山の上に向かう鳥居が重なる参道が見えます。さっそく登ってみました。

當勝神社 當勝神社稲荷大明神 

 當勝神社稲荷大明神が鎮座しておわしました。


 ことしもこれで商売繁盛間違いなしです。子どもたちも受験に頑張ってほしいと思います。



商売繁盛、受験成功! 勝負に勝ちましょう!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村  ←商売と学業の神様として広く信仰を集める神社に、応援クリックお願いします!

當勝神社 地図

[edit]

« ドライブインで美味しい蕎麦をいただける幸せ ~ドライブイン山里 竹野町  |  但馬五社参りを振り返る ~その5~ 粟鹿神社 朝来市山東町 »

コメント

聞いたことは

聞いたことはありますが
まだお参りに行ったことはないですね~。
勝とはいい言葉です!

栄治 #- | URL | 2017/01/29 08:45 * edit *

栄治さんへ

> 聞いたことはありますが
> まだお参りに行ったことはないですね~。
> 勝とはいい言葉です!

ぜひ行ってみてくださいね。
商売人ですからね、栄治さんは。

商売繁盛です!

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2017/01/30 08:19 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/3365-e7a7b475
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)