06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

小野市を中心に観光してみました ~法華口駅➡浄土寺➡共進牧場➡小野市街地 

 次男のサッカーの合間に一乗寺に参拝に行ったのですが、折角なので家族で小野市に泊まろうと奥方が計画しておりました。なぜ小野?? ともおもいましたが、こんなこともなければ小野市でゆっくりすることもないので、その計画を採用することになりました。

 ところが一乗寺の参拝を終わって食事をしてもまだまだ時間があります。そこで小野市に向けて観光することにしました。


 まずお邪魔したのが法華口駅です。

法華口駅 

 この駅は第三セクターの北条鉄道北条線の駅で、三重塔があるのでわかる通り、一乗寺の最寄りの駅です。ただ、最寄りの駅とはいっても5キロも離れていますし、タクシーも見えないのでここから行くのは厳しいかな・・・。

法華口駅 パン屋さんの看板

 むしろこの駅の特徴はこちらです。モンファボリという米粉を使った美味しい手作りパン屋さんが駅舎内にあることと、このパン屋さんの店長さんがかわいらしい女性で、ボランティア駅長をされているのです。

 しかしながら・・・・・お正月の三が日で休みでした。(T_T)

法華口駅 看板 法華口駅 待合室

 今回は雰囲気を楽しむということで納得して帰りますね。

法華口駅 時刻表

 おっと、時刻表の横には駅にあった一眼レフのカメラの落し物のお知らせが貼られていました。どうも平成28年12月20日に忘れられた方のようです。心当たりの人はどうぞ。


 次にお邪魔したのが浄土寺です。

浄土寺 入り口

 国道175号の東側の平たんな場所にある高野山真言宗のお寺です。

浄土寺 境内

 境内は長方形になっていて、その周りをいろいろな建造物で囲んでいる感じです。

浄土寺 浄土堂

 このお寺の最大の魅力はこの浄土堂です。一見は何ともないお堂に見えますが中に入るとその素晴らしさがよくわかります。堂内は写真撮影が不可なのであしからず。
 この建物は大陸に渡って当時最新の宋の建築様式を用いて寺院建築にあたった重源による建物です。大仏様(あるいは天竺様)といわれる建築様式なのですが、現存するのがこの建物と東大寺の大仏殿しか残っておらず、非常に貴重なものです。
 東大寺や薬師寺は戦乱によって焼け落ちたのですが、そこで再建に携わったのが重源です。再建にあたり、伊賀や周防など全国7か所に東大寺の別所をつくったのですが、このお寺はその中の一つ播磨別所なのです。

浄土寺 阿弥陀三尊像
(写真は観光協会のHPより)

 堂内には5メートルを超える巨大な木造阿弥陀如来及び両脇侍立像がおわします。これは快慶作の貴重なもので、国宝とされています。

浄土寺 鐘楼

 浄土堂からでると鐘楼堂があります。

浄土寺 八幡神社

 そして、長方形の境内を横ぐしに指すように参道が作られた八幡神社があります。

 これはこのお寺を建築した重源が八幡信仰を重視していたためといわれているそうです。

浄土寺 八幡神社

 拝殿は但馬ではあまり見ない、床が左右に分かれて、真中が参道になっている割拝殿という形式です。

浄土寺 八幡神社

 本殿は朱に染められていて美しい本殿でした。

浄土寺 不動堂

 左奥には不動堂があります。裏山には四国八十八か所巡りの仏像巡りをすることができるコースもあるようです。アジサイがきれいなようなので機会があれば6月くらいに再訪してみたいと思います。

浄土寺 本堂

 こちらが本堂である薬師堂です。

浄土寺 開山堂

 そして右奥にあるのが開山堂です。

 初めてお邪魔しましたが、こんな立派な国宝のお寺があるなんて初めて知りました。ありがたや、ありがたや~。



 次にお邪魔したのが共進牧場です。

共進牧場 

 国道175号の脇にあるひまわり公園の裏手にあります。

共進牧場 

 かわいい栗毛の乳牛たちが草を食んでいるのに出会えました。

共進牧場 

 ミルカーズというレストランでソフトクリームでもと思いましたが正月休みでお休み。隣の工場も予約すれば工場見学ができるようなのですがこれまたお休み。(T_T)

 この辺りの名産であるそろばんのオリジナルが作れる施設である そろばんビレッジに行きたかったのですが、お正月でこれまたお休みです。神社仏閣を除くと正月は観光には向かないですね。

 それならばと小野市の中心地に乗り込みます。

小野商店街 

 小野商店街です。

 見事なシャッター通りです。かなりの長さを誇る商店街ですが正月休みも重なって開いている店は皆無でした。アーケード街なので歩行者天国かと思ったら車が走ってきます。

 でも、惣兵衛はこれでも楽しんでしまいます。

小野商店街 旧歯医者さん

 なんだかいい雰囲気の建物です。よく見ると昔は歯医者さんだったようですね。こうしてみるとこの商店街には長い歴史がありそうです。視点を歴史探訪に変えて商店街を歩き続けます。

小野商店街 酒屋さん

 立派な酒屋さんです。むかしは造り酒屋さんだったのでしょうか。

小野商店街 古い建物

 これまた雰囲気のいい建物です。

小野商店街 角の古い建物

 ここでは明治と昭和が出会ったような一角がありますね。でも、その足元に面白いものが・・・・・

小野商店街 道標

 道標ですね。「右 志゛やようどじ 大深山」、正面に「左 やしろ きよ水」と書いてあります。

西国三十三ヶ所巡礼の通り路だったのですね。


こうして何気ない所にご先祖様たちの息づかいの跡が残っていますね。




小野市のぶらり旅行も楽しいです!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←意外に面白い小野市に、応援クリックお願いします!

小野市 観光 地図

[edit]

« 加西市の外れにある食堂メニューもあるおしゃれなカフェ ~Cafe & Diner West 加西市  |  西国三十三か所巡礼でお寺の初詣もいいものです ~第26番 一乗寺 加西市 »

コメント

小野には

小野には伯父がいて
何度か伺ったことがあります。
が、、、全然知りません。。。(笑)

栄治 #- | URL | 2017/01/08 07:17 * edit *

但馬屋惣兵衛殿

久しく、小野のご紹介していただいたエリアにお邪魔することもありませんでしたので、懐かしい画像でした。

そう仕事で、三木で働いていたのも10年前・・・
小野方面にも営業でよく行きました。
ああ、懐かしいですね。

ひびき #vQU5PwVA | URL | 2017/01/08 10:03 * edit *

英治さんへ

> 小野には伯父がいて
> 何度か伺ったことがあります。
> が、、、全然知りません。。。(笑)

普通はそうでしょうね。
でも、結構楽しめました。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2017/01/08 12:51 * edit *

ひびきさんへ

> 久しく、小野のご紹介していただいたエリアにお邪魔することもありませんでしたので、懐かしい画像でした。
>
> そう仕事で、三木で働いていたのも10年前・・・
> 小野方面にも営業でよく行きました。

三木市にいらしたのですね。

> ああ、懐かしいですね。

喜んでいただき嬉しいです。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2017/01/08 12:53 * edit *

浄土寺の阿弥陀如来の後ろのと扉を上げると夕日が指して後光のように光ってきれいだとテレビに取り上げられていました。小野の商店街は今から30年以上前に学校が近かったので行ったことがあります。賑わいは感じられませんでしたが、、店はたくさんあったと思います。三木の上の丸にある“なめら商店街という所も小さいですがおもしろいところでしたよ。(今は、わかりませんが・・・)

三平の母 #- | URL | 2017/01/08 19:30 * edit *

三平の母さんへ

> 浄土寺の阿弥陀如来の後ろのと扉を上げると夕日が指して後光のように光ってきれいだとテレビに取り上げられていました。

そのようですね。浄土寺は少し高いところに建っていて、夕日が少し下から差し込んでくるようです。
すると天井にまで赤い光が届き、真っ赤になるとか。
そこに三尊像が後光を浴びて立つ姿は、まさに阿弥陀如来が降臨されたように見えると思います。

>小野の商店街は今から30年以上前に学校が近かったので行ったことがあります。賑わいは感じられませんでしたが、、店はたくさんあったと思います。三木の上の丸にある“なめら商店街という所も小さいですがおもしろいところでしたよ。(今は、わかりませんが・・・)

その通りでしたね。この日はお正月でしたから、謹賀新年の張り紙をされているお店がいくつかありました。
なめら商店街、面白そうですね。今度行ってみたいと思います。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2017/01/09 08:39 * edit *

気になりまして…

些細な事ですが…
×放生線 ⚪北条線  

×一条寺 ⚪一乗寺  

気になりまして
m(。_。)mm

駄々森雲谷斎 #w2YPfsyE | URL | 2017/04/10 08:44 * edit *

駄々森雲谷斎 さんへ

> 些細な事ですが…
> ×放生線 ⚪北条線  
>
> ×一条寺 ⚪一乗寺  
>
> 気になりまして
> m(。_。)mm

ありがとうございます。
時間がない中で、毎日ブログを更新しているなかで、ブラインドタッチでどんどん書いています。
確認が追いついていなくてご迷惑をおかけしました。

さっそく修正いたしました。

ご指摘ありがとうございました。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2017/04/10 16:40 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/3367-9b5f6d40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)