08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

古いスピーカーのエッジを修理して素晴らしい音がよみがえりました! 

 私は外国のミュージシャンを中心に音楽を聴くことを趣味にしています。小学校のころからレコードを買い続けて500枚くらいはあるかな。
 すると音にもこだわり始めます。お小遣いをためてはアンプを買ったり、オープンデッキを買ったり、カセットデッキを買ったり・・・。大型のスピーカーにあこがれていたのですが、JBLは一本100万円。日本製のダイヤトーンやヤマハも10万円を超えてしまいます。
 
 そこで、安くてコンパクトでもいい音を鳴らすことで評価が高いオンキョーさんのD-11を購入して大事にしていました。

オンキョー D-11 

オンキョー D-11 


 CDもそれから買い続けて結構な枚数になりますし、今のオーディオはテレビとも接続していて、映画のDVDも映画館で見ているように臨場感抜群でした。
 最近バタバタしていて部屋でスピーカーを鳴らすことが少なくなってきていたのですが、久しぶりに聞くと音が割れていました。

[広告] VPS


 よく見ると・・・。

オンキョー D-11 エッジがない

 ラッパ型になっているコーンといわれる部分と外側の間に隙間ができていますよね。ここにはエッジというドーム型のパーツがあったのですが、当時は軽くてしなやかな発泡ウレタンを使っていたみたいで、経年劣化でボロボロになってなくなってしまったのです。

 新しいものに変えようかと思っていたのですが、110Wの大音量と小さい音量でもパンチのある音を出すこのスピーカーの代わりはなかなか安く見つかりませんから悩んでいたら、インターネットでいいパーツが売っていたので購入してみました。

ファンテックの交換エッジ

 ファンテックさんの交換エッジ(3,250円)が2枚と、ボンドセット(300円)です。

 ありとあらゆるスピーカーに適合するエッジがあるのでいいですね。

オンキョー D-11 枠を外す

 まずはスピーカーの枠を外します。

オンキョー D-11 ウーファーを外す

 次はスピーカーシステム自体を外します。エッジがコーンの外側と枠の外側を接着しているタイプは外さなくてもいいのですが、このスピーカーはコーンの内側を接着面にしているので外す必要があるのです。

オンキョー D-11 外側の掃除

 外側の枠の部分のボンドと残ったウレタンを外します。糊の部分をゆっくり引っ張ればきれいにはがれてくれました。

オンキョー D-11 コーンの裏側の掃除

 コーンの裏側の古いウレタンをこそぎ落とします。

オンキョー D-11 掃除完了

 これで掃除完了です。

オンキョー D-11 コーン裏側にボンド

 コーンの裏側にボンドを塗って、専用の筆で薄くのばします。

オンキョー D-11 コーンにボンド

 3分ほどでコーンのボンドが半分乾いた状態になってくるので、新しいエッジの内側にボンドを塗ります。そして被せるようにエッジを接着します。優しく接着面を指でさすって隙間がないようにしっかりと圧着します。

オンキョー D-11 コーンの接着完了

 1時間以上放置するときれいに引っ付いてくれています。

オンキョー D-11 枠にボンド

 こんどは外側を接着します。優しくエッジを指でめくりあげながらボンドを塗布します。

オンキョー D-11 センター調整

 スピーカーを押して音がするかどうか確認してください。音がするようならばセンターからずれているので調整します。センター調整です。いい位置になったらエッジの接着面を圧着します。

オンキョー D-11 接着完了

 1時間以上置いたら接着完了です。

オンキョー D-11 きれいに接着

 全体をチェックして、浮いているようであれば接着剤を流し込んで完璧に仕上げましょう。

オンキョー D-11 スピーカーに設置

 スピーカーを元通りにねじ止めして組み上げて完成です。

オンキョー D-11 修理完了

 学生時代に見たスピーカーの様に復活ですね。かっこいいです。

オンキョー D-11 再設置

 スタビライザーを下において、スピーカーケーブルを接続して、オーディオラックの上に再設置します。接着剤が完璧に乾くまで数時間待ったら作業終了です!

 さあ、復活のミュージックは景気よくジョー・ジャクソンですよ。

[広告] VPS


 どうです? 音割れもなくきれいな音になったでしょう?
 
 音とともに学生時代の思い出がよみがえってくるようです。




古いものを大事に使いましょうね!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←こんなことをしているときに幸せを感じる惣兵衛に、応援クリックお願いします。励みになります!

[edit]

« パンを食べ放題のレストランでモーニング ~ベーカリー&パリ食堂 マルシェ 養父市八鹿  |  とても懐かしい中華そばの大盛りをワンコインでいただける幸せ ~みゆき食堂 日高町 »

コメント

むかしは

昔はONKYO、TRIO、KENWOODなどなど。
パナソニック、SONYなどのコンポを競ってもったものです。
僕も大好きです!AIWAなんかもなつかしい。

栄治 #- | URL | 2017/03/01 07:30 * edit *

栄治さんへ

> 昔はONKYO、TRIO、KENWOODなどなど。
> パナソニック、SONYなどのコンポを競ってもったものです。
> 僕も大好きです!AIWAなんかもなつかしい。

パナソニックではなくてテクニクスですよね。
つかっていないとどんどんダメになってきていて、今動いているのは

アンプ パイオニア
カセットデッキ ナカミチ
レコードプレーヤー デンオン

だけです(涙)

アイワのCDプレーヤー、テクニクスのチューナーは壊れてしまいました。
昔はオープンリールデッキまで持っていましたよ。

もっとゆっくり音楽を聴く時間がほしいですね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2017/03/01 15:09 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/3429-58a58edf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。