09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

但馬の海事と城崎郡を治めた豪族の社を訪ねて ~式内海神社 豊岡市小島地区 

 今年の初詣で但馬五社巡りを行いましたが、そこで紹介した絹巻神社にかかわりが深く、お邪魔したいと思っていた
式内海神社さんにお参りしてきました。

式内海神社 前の通り

 城崎温泉街をさらに北に北上し、左に山が迫り、右は円山川が流れる狭い場所にあり、手前に金属製の大きな水槽があるので神社がそこにあるとはちょっとわかりにくいと思います。

式内海神社 神社遠景

 駐車場らしきものはなく、ちょっとした空き地に車を停めて参道の真正面に来てそこに神社があるとわかるほどです。

式内海神社 石碑

 石碑をみると歴史を感じますね。

 実は歴史だけでなく、式内神社であり、名神社であることからかなりの高い社格であるのです。

式内海神社 鳥居

 石の鳥居をくぐって消して広くはないものの、ひっそりとした境内に入ります。

①清明宮(黄沼前神社)時代
   この小島地域の豪族である海部直命が但馬の海事を治めることになり
   海部氏の始祖を神として清明宮を建立し祀りました

②絹巻神社に合祀
   海部直命は城崎群司も兼務し、絹巻神社を建立し、清明宮を合祀した。
   直命が亡くなり、気比に海神社が立てられ直命を祭神とした。
   海神社を絹巻神社に合祀し、海神社絹巻大明神となる

③海神社として分祀

   時を経て、絹巻神社から分離。元に清明宮のあった場所に海神社を建てる。

 と、なかなか興味深いです。

式内海神社 壊れた鳥居?

 境内の右側には石碑と壊れたと思われる鳥居のようなものがあります。これは何なのでしょうか??

式内海神社 わに岩

 境内の左側には大きな岩があります。これは鰐岩(わにいわ)といわれる奇石があります。名前の由来は境内の外から見たらわかるのですが、大きな割れ目があって、これが鰐(サメ?)の口に似ているということなのでしょうか。

式内海神社 社殿

 石段の上にはさほど大きくない建物があります。これが本殿覆屋ですね。この中に本殿があります。小さな社なので拝殿はありません。

 入るのは遠慮しようかと思いましたが、鍵もかかっていなかったので頭を下げて恐れ入りながら入ります。

式内海神社 本殿

 なかには小さいながらも彫刻が立派な本殿がありました。心安らかにお祈り申し上げました。

式内海神社 金毘羅社

 本殿覆屋の横にはこの神社唯一の小さな境内社がありました。これは金毘羅社のようですね。金毘羅さんは海の神様です。この地を見守ってくれているのですね。

 その隣にはコンクリートの建物がありました。何かと思ったらその近くにある石碑にその由来がかかれていましたよ。

式内海神社 石碑

 ここに真水の水源があり、公共の為にこの地の方から組合に提供され、簡易水道の飲み水として利用されているようです。

式内海神社 石碑の銘文

 但馬には規模こそそれほど大きくはないですが、いろいろな歴史物語が点在していて楽しいですね。




神社と古代の歴史ロマンは楽しいですね!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村  ←水辺と城崎のを見守ってきた神社に、応援クリックお願いします!


式内海神社 地図

[edit]

« チューリップが満開でカールおじさんも大喜び ~2017たんとうチューリップまつり 但東町  |  夫婦で八鹿の中華料理の人気店で満足ランチ ~中華料理 香蘭 養父市八鹿町 »

コメント

いい感じですね

なにか厳かな何かを感じますね。
かくれたパワースポット?って感じですね。

栄治 #- | URL | 2017/04/23 07:29 * edit *

栄治さんへ

> なにか厳かな何かを感じますね。
> かくれたパワースポット?って感じですね。

そうですね。
歴史を感じます。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2017/04/25 11:12 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/3467-29874a6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)