FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

はやくも2か所目のお参りです  ~西国三十三か所巡り 第十八番札所 六角堂 京都市中央区 

 さてさて、東福寺で京都の膳時の雰囲気を満喫したら、そのあとは京阪電鉄に乗って四条に界隈で子どもたちは洋服を買いにお買い物、惣兵衛夫婦とお義父さんとお義母さんとは錦市場で楽しみました。
 子どもたちの買い物が長いので、その時間を使って西国三十三か所巡りをすることにしました。

 お寺の通称は六角堂。本当の名称は紫雲山頂法寺さんです。

六角堂 山門

 場所は錦市場の最西端からあるいて10分くらいの場所にあります。ビルに囲まれていてびっくりですが、創建は聖徳太子といわれていますが、10世紀の建立ともいわれています。当時は周りには何もなかったのでしょうね。時の流れとともにビルに囲まれてしまった感じです。

六角堂 本堂

 でも、お寺の雰囲気はなかなかのものです。熱心な参拝者がたくさんおられました。

六角堂 本堂お参り

 頭を垂れて、両手を合わせて心から祈ります。


六角堂 十六羅漢

 本堂の隣には十六羅漢があります。
 
 新しい池と仏像軍ですが、これがこのお寺の特徴なのでしょうか。このお寺はもともと別のお寺の境内寺で、小野妹子が花をささげたことから華道の由来とされています。よって華道発祥の地とされているのです。

六角堂 側面

 本堂の側面に立つと、このお寺の建造物としての特徴が分かります。

 裏は完全なる六角形の建物で、その前におまえりの為に唐様の形状を持った平入の建造物が並び立っている感じです。

 完全なる六角形の建物は奈良時代にはいくつかあったので、実際は10世紀の建物だったのですが、それ以前のものとされたのかもしれませんね。

六角堂 裏から

 裏に回ると素晴らしく均整の取れた六角形の建物をめでることができます。」

六角堂 朱印

 さっそく御朱印をいただきました。

 「わが思う心のうちは六の角 ただ円かれと祈るなりけり」



今年2か所目の西国三十三か所巡りです!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←西国三十三か所巡りを楽しむ惣兵衛夫婦に、応援クリックお願いします!


六角堂 マップ

[edit]

« 福知山駅前にあるファミリー層と大食漢に支持される中華料理店 ~中華サン 京都府福知山市  |  紅葉の名所 東福寺御用達のうどん屋さんでご満悦 ~丹波屋 京都市東山区 »

コメント

ビル群に

ビル群に囲まれたオアシスのような雰囲気ですね。
六角堂などなにか歴史を感じますね。

栄治 #- | URL | 2018/01/17 07:36 * edit *

栄治さんへ

> ビル群に囲まれたオアシスのような雰囲気ですね。
> 六角堂などなにか歴史を感じますね。

そうなんですよね。
ビルの間にこういう建物があるのも京都らしいですね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2018/01/20 12:02 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/3669-7b1637c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)