FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

神戸の八つの神社を巡る春のお散歩 ~その7~ 楠木正成公を祀る湊川神社と七宮神社 神戸市中央区 

 さあ、いよいよフィナーレです。八宮神社に別れを告げて、大通りに出るために西に向かうと長い土塀が連なっている場所に出ました。

湊川神社 土塀

 これは寄ってみなければなりません。

神戸地方裁判所

 その反対側には明治時代の建物を外観だけ残した美しい建物があります。これは神戸地方裁判所ですね。

湊川神社 東門

 さて、本題に戻ります。問題の土塀は湊川神社です。折角なので正面に廻ります。

湊川神社 正門

 神社とは思えない立派な正門が迎えてくれます。それをくぐってすぐ右に入るとこの神社が創建された意味が分かる重要な場所があります。

湊川神社 楠木正成の墓

 こちらが御墓所。つまりこの神社の祭神である楠木正成公のお墓です。惣兵衛の尊敬する武将ですので蝋燭を灯し、線香を焚いてお参りしました。

湊川神社 水戸黄門

 その隣には徳川光圀公銅像があります。

 なぜここに蜜光圀公の銅像があるかというと、楠木正成公は室町時代に武家支配から元の天皇制時に戻すべく南朝を支え戦いましたが、足利尊氏の北朝に敗れここで倒れました。その後、墓所は荒れ果てていたものを、楠木正成を尊敬する徳川光圀公が再建したのです。

 その後、尊王攘夷の精神的な支えとなり、明治になって天皇から忠臣としてその功をたたえ、この神社を創建したということです。

湊川神社 鳥居

 さて、境内に向かいましょう。広い境内に大きな鳥居があります。

湊川神社 稲荷社

 境内社の楠本稲荷神社さんがあります。

湊川神社 境内

 鳥居をくぐるといよいよ本殿が目の前です。

湊川神社 手水場

 まずは手水場で身を清めます。

湊川神社 本殿

 社殿で心静かに天下泰平を祈りました。

湊川神社 祭り

 お参りを済ませると社務所の方に向かいます。ここで行われるお祭りの様子が紹介されています。これは素晴らしい。

湊川神社 庭

 その脇には小さな静かな庭があり、尚志館があります。

湊川神社 楠木正成公殉接の地

 さらにその奥に楠木正成公殉接の地があり、大切に保存されています。


 湊川神社にゆっくりできて、楠木正成公に手を合わせることができてよかったです。


 さて、寄り道はこの辺で終わりにします。

 この後は疲れてきて写真が極端に減りますがお許しください。ずんずん歩いて神戸駅を通りすぎ、さらに西に歩いていきます。

七宮神社 遠景

 阪神高速道路の高架の向こうにあるのが最終目的地の七宮神社です。

七宮神社 鳥居

 ちょっと簡素な鳥居をくぐります。

七宮神社 手水場

 手水場が隧道でちょっと寂しかったけど身を清めますよ。

七宮神社 拝殿

 本殿で家内安全を祈りましたよ。

 移動するだけだと下のように2時間くらいでしょうか。でも、境内を歩いたり寄り道模したので3時間はこえました。高度差もあるので結構疲れましたね。でも、達成感はありました。

 最後に神戸駅まで帰って八社参りは終了です。

魚銀


 とちゅうで、元町で激安の魚介居酒屋 魚河岸屋のすし えびすを営業されている魚銀さんの会社がありました。



神戸のぶらり歩きもたのしいですね!



<距離と時間>
神戸三宮駅―650m(約8分)→ 一宮 ―500m(約6分) → 二宮 -1,600m(約20分) → 三宮 
   - 1,200m(約12分) →四宮 -1,600m(20分) → 五宮神社 -1,300m(16分) → 八宮 
   - 650m(8分) → 湊川神社 ―1,300(17分) → 七宮 -1,100m(14分) → 神戸駅
合計 9,800m 2時間1分



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←歩き回って疲れた惣兵衛に、応援クリックお願いします!

七宮神社 マップ

[edit]

« 北近畿豊岡自動車道路 八鹿日高道路が開通しました!  |  神戸の八つの神社を巡る春のお散歩 ~その6~ 八宮神社 神戸市中央区 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/3725-6748cdaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)