FC2ブログ
01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. // 03

大阪南部の山上にある仏の世界に浸る ~西国四番札所 施福寺 大阪府和泉市 

 大阪駅前を出発したら阪神高速道路湾岸線を和歌山方面に南下していきます。助松出口で降りて、初めて和泉市に降り立ちました。そこからは一般道路を数回右左折しながら南にある山に向かいます。国道170号線を横断すると府道228号線を進みますが、狭い集落を抜けたかと思うと、車がすれ違うのが厳しいくらいの狭い道になり、我慢しながらずんずん進むと駐車場に到着しました。

施福寺 駐車場

 40台くらい停められる駐車場です。周りは山登りをするような格好の高齢者がメイン。惣兵衛夫婦はなぜかスーツ・・・・。やっちゃった感があります。着替えるものもないのでそのままお寺に向かうことにしました。

施福寺 万願寺不動尊

 駐車場の前にあるのは万願寺不動尊さんです。お参りして出発です。

施福寺 槇尾山観光センター

 入り口にあるのが槇尾山観光センターです。地元の産物やお土産、ジュースやうどんなどの軽食がいただけます。この先には一切販売所が無いので、水分を持っていないならばここで買ってください。

施福寺 槇尾山観光センター

 あとで帰りにジュースやお土産を買いました。次の目的地に向かう道路も教えてくれる優しい店主さんがいらっしゃいますので会話を楽しんでくださいね。

施福寺 満願滝弁財天

 登り始めてすぐに満願滝弁財天があります。残念ながら入り口が閉鎖されていたので中に入れませんでしたが、入ればきれいな滝が見えるそうです。

 先を急ぎましょう。

施福寺 新緑のもみじ

 見上げればもみじの新緑が綺麗です。秋はこの参道から見上げると真っ赤に染まっているのでしょうね。

施福寺 登山道

 アスファルトの道が続きます。スキー場くらいの結構な急坂でお年寄りにはきつそうです。

施福寺 シャガの花

 道脇にはユリ科の野生種であるシャガの花がとてもきれいです。このほかにもヤマブキなど綺麗な山野草などが目を楽しませてくれます。

施福寺 石塔

 アスファルトの上り坂が終わったところに石塔石橋があります。昔は対岸の細道だったのでしょうね。

施福寺 楼門

 その先には立派な楼門がみえました。森の中に見える立派な山門におもわず「お~~~っ!」と声が出てしまいます。

施福寺 金剛力士像  施福寺 金剛力士像 

 両脇には金剛力士像があります。周りには小さな草履がたくさんつるされています。これは巡礼の無事を祈るためにつるされたもののようです。

施福寺 なだらかな石段

 山門をくぐってもお寺の建物は全く見えません。ここから20分ほどの山登りになります。緩やかな道と緑が綺麗ですね。

施福寺 急になる石段

 5分ほど歩くと、石段になり、その傾斜を増していきます。

施福寺 古い建物

 10分ほどすると建物が見えました。これで到着かと思いきや、この辺りが中間点になります。この建物は庫裡として使われているのかな? 資料が無いのでわかりません。

施福寺 石段の向こうの建物

 どんどん急になっていき、つづらおりの石段になります。

施福寺 愛染堂

 森林の中の石段でしたが、少し光が当たる場所に愛染堂がありました。ここは空海が剃髪をした場所ということです。

施福寺 最後の急登

 愛染堂からは、天に向かうような斜度のきつい石段を上ることになります。

施福寺 弘法大師御髪堂

 石段の中間地点に弘法大師御髪堂があります。先ほどの愛染堂で剃髪した髪が収められているそうです。

施福寺 見えてきた本堂

 石段を登り終えると本堂が見えてきます。

施福寺 手水場

 手水場では龍の口から流れる水で清めます。

施福寺 本堂

 こちらが施福寺 本堂です。

 施福寺は本来は真言宗のおてらでしたが、紀州徳川家に庇護を受けてからは天台宗のお寺となったそうです。

 実は何度も焼失の憂き目に遭っているお寺のようです。南北朝時代に南朝方の拠点となって焼かれ、再建されたものの織田信長に反旗を上げて山焼をうけ、豊臣秀吉によって再興されるものの、江戸末期に山門を残してすべてを失ってしまったそうです。

施福寺 本堂前

 しかしながら本堂の中、内陣のお参りができるのですが、大きな大仏もあり、この日は西国三十三カ所の1300年ということで槇尾七福神を拝観することができました。それと珍しい足の裏を前にした馬頭観音様があり、足の病を治すといわれています。ここまでお参りすれば足も鍛えられますからね。それと御利益まであれば健康間違いなしです。

施福寺 楼門のわきのお地蔵さん

 バイオトイレなどを見学したりしながらゆっくりと下山しました。登るときには気が付かなかったかわいらしいお地蔵さんがお見送りしてくださいました。


 とてもいいお寺でした。次に来るときには動きやすい服装でゆっくり訪れたいものです。


山上のお寺も素晴らしいですね!





御詠歌 : 深山路や 檜原松原 わけゆけば 槇の尾寺に 駒ぞいさめる


施福寺 御朱印



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←西国三十三か所巡りを楽しむ惣兵衛夫婦に、応援クリックお願いします!


施福寺 地図

[edit]

« 高野山の麓にある大伽藍をもつ名刹 ~西国三番札所 粉河寺 和歌山県紀の川市  |  新地で見つけた新鮮なネタをうまい料理に変身させる寿司屋さん ~喜太郎寿し 北新地店 大阪市北区 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/3738-02ec444a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)