FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

360度のパノラマが楽しめる東床尾山~西床尾山の縦走を楽しみました 

 後輩と一緒に作った山登りの会の久々の例会です。今回目指す山は東床尾山西床尾山の縦走です。

東床野山 登山口到着

9:00
 登山口に到着です。朝来市の糸井という地区のある谷のかなり奥にある糸井渓谷にあります。

東床野山 糸井の大カツラ

 ここには国の天然記念物である糸井の大カズラがあります。樹齢は約2000年といいますから弥生時代になります。
 本来の幹は朽ち果てて、周囲にあった80本のひこばえがまるで大木のようになっています。すごいですね。

 登山道はそのわきを抜けていきます。

東床野山 登山開始

 しばらくは谷あいの小川にそって細い山道を歩いていきます。

東床野山 幼木の森

 途中、このように黄緑が美しい木々の森が出現して気持ちがいいです。

東床野山 鉱山跡

9:27
 途中、鉱山精錬所跡があります。本当に但馬にはたくさんの小さな鉱山がありますね。

東床野山 滝

 川の流れも急になって美しくなってきます。

東床野山 急な登り

 ここから山道が斜度を強めてきました。先頭を進む若者は元気です。

東床野山 分岐点

 分岐点に差し掛かります。そのまま谷を進むと西床尾山で、右に折れて川を渡り、山腹を登ると東床尾山になります。ここは右に進みますよ。

東床野山 尾根道へ

 谷から尾根に向けての急登ですが、先頭の若者はオーバーペースでスピードがなくなったので、私が先頭で進みます。

東床野山 尾根道を歩く

9:44
 尾根沿いの道に出ます。ここからは中程度の斜面を登ります。息が上がらない程度に休まずじわじわ上ります。

 後続が来ないので時々休んで進みます。

10:17
 光が差し込んできました。

東床野山 山頂近く

 低木が覆う岡のようなものが見えてきましたがこれが山頂です。あと一息。

東床野山 山頂

10:22
 東床尾山の山頂(839.1m)に到着です。

東床尾山 三角点 

 三角点があります。

 どうですこの景色!

東床尾山 豊岡の展望

 円山川の流れと豊岡の街が一望です。

東床尾山 展望パノラマ

東床尾山 南のパノラマ
<クリックして拡大してご覧ください>

 素晴らしいでしょう?360度のパノラマです。

 北は豊岡市街地から海まで見えます。神鍋高原も見えますし、竹田城方面も見渡せます。

東床尾山 クッキング開始

 ここでランチタイムです。

東床尾山 完成

 惣兵衛は今回はサッポロ一番塩ラーメン。

東床尾山 おにぎり

 惣兵衛が握ってきたおにぎりです。塩、鮭、梅干しと3種類です。

 コーヒーも沸かしていただきました。

 みんなとても楽しいランチタイムを過ごしましたよ。

東床尾山 下山道

11:16
 さて、つぎは西床尾山を目指して稜線を進みます。

東床尾山 下山を楽しむ

 まずは気持ちのいい下り坂。

 見晴らしも最高です。

東床尾山 避難小屋

 途中、壊れた避難小屋もありました。

 本当に気持ちがいい広い稜線です。リボンがあるのでそれを見失わないように下ります。

西床尾山 素敵な場所

 途中、天国のような場所もあります。

西床尾山 遠望

 木の間から西床尾山が見えてきました。

 気持ちがいいです。

西床尾山 花

西床尾山 花

 花が多く、このようにいろいろな花が咲いている場所に出会えました。藤の甘い香りも漂いパラダイスです。
 
西床尾山 根っこの道

 すごい森の景色もあります。

西床尾山 山頂

12:18
 最後にのぼりを終えたら西床尾山山頂(843m)に到着です。

 しょぼい看板です(笑)。でも、実は東床尾山よりも高いのです。

 でも、展望もなく、三角点もないです。

 少し休憩。

 西に少しだけ見える展望を楽しみます。

12:32
 下山します。

西床尾山 下山の様子

 すごい急坂です。気を付けておりましょう。

西床尾山 下山中のチーム

 滑落しないように慎重に、仲間を待ちながら降りていきます。

西床尾山 道なき道

 急坂が終わってほっとしたら、こんどはうっそうとした草の道になります。

 途中道を見失いましたが、川の向こうに整備された道を発見します。

西床尾山 小川発見

 きれいな川の流れで一休み。冷たい水で体を冷やします。

西床尾山 川沿いの道

 そこからは川沿いに快適な下山が続きます。

 途中崩落したところもありますが乗り越えて進みます。

西床尾山 道に出た

13:38
 西床尾山登山口に到着です。

 車で登ってきた道に出ました。

 ここで記念撮影です。


 ここから車道を登っていきます。

西床尾山 分岐

 元の登山口に向かう林道に入ります。

西床尾山 クマ注意

 ここにクマ注意の看板がありました。後で聞いたのですが、但馬でも熊の生息数がとても多く、「クマ銀座」といわれているそうです(汗)。

西床尾山 再び登山口へ

14:00
 登山口に到着、糸井の大カズラも迎えてくれました。


 全体にとても楽しい登山でしたね。ビギナーから楽しめるし、展望も最高です。西床尾山からの下山は慎重にしましょう。怖ければ西床尾山と東床尾山の中間地点にある下山道を降りるのがお勧めです。


 さあ、次はどの山を登ろうかな。


やっぱり但馬が最高です!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←それほど高い山ではないのに360度のパノラマが楽しめる東床尾山に、応援クリックお願いします!

東床尾山 マップ
タグ: 朝来市和田山 

[edit]

« 家族でおいしい本格石窯焼きのナポリピザをいただきました ~石窯PIZZA OISHI~NO 日高町石井  |  城崎にできた揚げ物をライトに楽しむお店 ~城崎コロッケ キノコロ & 城崎きなこ 城崎温泉 »

コメント

いいですね~

山には絶景があるし
きれいな空気もあるし
美味しい食事も。
からだにいちばんきれいな場所かもしれませんね。
やさしくもあります。

栄治 #- | URL | 2018/08/27 07:25 * edit *

栄治さんへ

> 山には絶景があるし
> きれいな空気もあるし
> 美味しい食事も。
> からだにいちばんきれいな場所かもしれませんね。
> やさしくもあります。

栄治さんも山登りをしてみてください。
絶対にはまります。
もっと暇があって、天候もよければいいんですが、雨続きです。(涙)

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2018/09/09 10:16 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/3788-c8c6bf7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)