FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

600年の歴史を誇る、徳川将軍家ゆかりの大寺 ~増上寺 東京都港区 

 東京で少しぶらり歩きです。お邪魔したのは浜松町から少し西に歩いたところにある芝公園の増上寺さん。

 1470年に創建され、関東における浄土宗教学の殿堂とされていました。安土桃山時代に入って江戸を徳川家が納めるようになって徳川家菩提寺に指名されます。その後は6人の将軍まの墓所を設けられています。お寺は120を超える堂宇をもち、3000名を超える学窓を抱えるなど栄えたそうです。

芝大門駅近く

 浜松町から数ブロック歩くと芝大門駅がありますが、その通りに山門があります。

増上寺 山門

 ビルとのコントラストがなかなか面白いです。このあたりも昔はお寺の敷地だったのでしょうね。

増上寺 わきの古い民家

 通りのわきには古い建物がありますが、昔の寺内施設だったのかな??

増上寺 三解脱門

 さらに歩くと横長の芝公園があり、通りの向こうに大きな門が目の前に立ちはだかります。これは三解脱門というそうです。

増上寺 説明
(クリックして拡大してご覧ください)

 このあたりにお寺の配置図と説明があるのでしっかり読みましょう。

増上寺 大殿と東京タワー

 門をくぐると本堂に当たる大殿があります。その向こうには東京タワーが、まるで五重塔のようにそびえています。歴史的な建物と近代建造物の競演が面白いですね。

増上寺 手水場

 まずは手水場で口と手、そして身を清めます。

増上寺 鐘楼

 こちらは参道の右側にある鐘楼です。一般的なお寺の鐘楼と比べると大きなものですが、この規模のお寺としては小さく感じますね。

増上寺 大殿

 さあ、大殿にむかいます。一段高い場所にあるのですごく権威を示す感じです。京都のお寺では山門をこえたらフラットな境内が多いので、なにか中国の宮殿のような威圧感を感じますね。

 内部は京都の本願寺に似たような作りです。

増上寺 増上寺会館

 大殿の左側には増上寺会館があります。

増上寺 安国殿

 右手には安国殿があります。徳川家康が深く信仰した「黒本尊阿弥陀如来」が秘仏として祀ってあるそうです。

増上寺 増上寺宝物展示堂

 大殿の地下に入るスロープがあり、ここには増上寺宝物展示室があります。建立当時の書物や絵画、増上寺の復元模型が展示されています。

増上寺 徳川将軍家墓所 入り口

 右手には徳川将軍家墓所に続く道です。毛糸の服を着て、風車を持つお地蔵さんがたくさん並んでいます。

増上寺 徳川将軍家墓所 門

 この青銅製の門の向こうにお墓があります。

増上寺 徳川将軍家墓所 内部

 徳川家15代のうち6代の将軍、秀忠、家宣、家継、家重、家慶、家茂ですね。

増上寺 徳川将軍家墓所 秀忠の墓

 こちらは秀忠のお墓です。関が原に遅れてきたということで様々な評価がありますが、私自身は良い将軍であったと思います。

 将軍の奥様もここに眠っておられます。静かに手を合わせて墓所を後にしました。


 境内に戻って南にある敷地に足を踏み入れます。

増上寺 経堂

 そこには経堂慈雲閣があります。多目的施設で、2階は開山堂になっているようです。

増上寺 黒門

 最後は質素ながら歴史を感じる黒門をくぐって増上寺を後にしました。


 20年ぶりにお邪魔しましたが、こんな感じだったかな??って感じでした。記憶ってあいまいなものですね。





 江戸にいるのですから、江戸の歴史もめぐりたいものです!




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←江戸湾を見下ろすように建てられた巨大なお寺に、応援クリックお願いします!

[edit]

« 芝大門にあるお得な値段で素晴らしい海鮮丼がいただける寿司屋さん ~たぬきすし 東京都港区芝大門  |  新橋で中華粥の朝食をいただきました ~中国ラーメン 揚州商人 新橋店 東京都港区新橋 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/4043-7ca9893d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)