FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

今年も 「勝ちが当たる」神社で商売繁盛、必勝祈願、学問成就の祈願 ~當勝神社 朝来市山東町 

 地区の初詣は元旦に済ませましたが、但馬の一宮には人が多くて断念。そこで翌日お邪魔したのが朝来市の山東町にある當勝(まさかつ)神社さんです。

當勝神社 一の鳥居

 このようにこんもりとした森の先端部分に一の鳥居があります。のぼりも建てられ、正月飾りもなされ、初詣の雰囲気がいい感じでした。

當勝神社 参道

 森の中をジグザグに作られた参道には鳥居がたくさん並びます。この神社への信仰の厚さが解るようです。

當勝神社 手水場

 龍を形どった像から水が豊かに流れている手水場で手と口を清めて参拝に向かいます。

當勝神社 隋神門

 参道を上り切ると立派な門が迎えてくれます。これは隋神門です。

當勝神社 境内

 門をくぐるとちょうどよいサイズの境内に入ります。そしてその奥には立派な拝殿があります。

 ここで少し當勝神社について説明をいたします。

社 号  : 村社 當勝神社

古代社格制度 『延喜式神名帳』 : 式外社
近代社格制度  : 旧村社
創建 : 天平2年(720)
本殿様式 : 流造
御祭神 : 正哉吾勝勝速日天忍穂耳命

        (マサカツアカツカチハヤヒアメノオシホミミ・アメノオシホミミ)
 
 御祭神の御名前の「マサカツアカツ(正勝吾勝)」は「正しく勝った、私が勝った」の意味だそうです。「カチハヤヒ(勝速日)」は「勝つこと日の昇るが如く速い」の意で、誓約の勝ち名乗りと考えられています。「オシホ(忍穂)」は多くの稲穂の意で、稲穂の神のことだそうです。

 ここから勝負事の神様、五穀豊穣で商売繁盛の神様とされたのでしょうね。

 ただ、このままだと當勝神社ではなく「正勝」となりそうです。おそらく当初はそのようにされていたそうですが、この神社の竹に旗印を掲げれば、戦いに必ず理があるとされたため、「當勝」に改められたということです。面白いですね。

當勝神社 社務所

 社務所でお守りやご祈祷のお願いをしたりしましょう。

當勝神社 拝殿と本殿

 さあ、お参りに参りましょう。

當勝神社 拝殿へ

 こちらが拝殿で、その奥に本殿があります。目の前を宮司さんが歩いておられます。若い宮司さんで、こういう方が古い歴史ある神社を守っていただけるのはありがたいことです。

當勝神社 拝殿の彫り物

 この素晴らしい彫り物をご覧ください。こちらの神社の建物の素晴らしさはこの彫り物にあると思います。一見の価値ありですよ。


 本殿で、但馬地域の発展と商売繁盛、長男の必勝祈願、次男の受験成功を祈願してまいりました。そのあとは境内社を廻ります。

當勝神社 當勝天神

 本殿の左にあるのが當勝天神。天神様ですので菅原道真公が祀られています。よって学問の神様。次男の大学受験成功と長男信治の大学卒業を願ってまいりました。
 この建物は江戸時代に今の本殿が建てられる前の本殿だったものだそうです。とても立派な境内社です。

當勝神社 當勝稲荷大明神

 境内の右の山にあるのが當勝稲荷大明神です。商売繁盛を願ってきました。

 そのほかにも建物の神様である逆杉社靖霊社の2つの境内社があります。


 今年も恒例の當勝神社への初詣ができました。


商売繁盛、受験成功! 勝負に勝ちましょう!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村  ←商売と学業の神様として広く信仰を集める神社に、応援クリックお願いします!

當勝神社 地図

[edit]

« 但馬の一宮である出石神社で一年の平穏をお祈りしました ~出石神社 豊岡市出石町  |  正月はおとなしく、つつましく。地元の鎮守の神様で初詣 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/4112-4fbcaad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)