fc2ブログ
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

大学の友人を喜ばせた但馬の宝 ~ジオパーク遍~玄武洞公園 豊岡市城崎町 

 カニを買った友人は大満足でした。ただ、奥様は蟹アレルギーなのでこのお土産は自分用。奥様と家族用に出石そばを食べて、お土産に買っていこうという作戦です。でも、ちょっと時間が早い。

 そこで、久しぶりに惣兵衛もお邪魔する玄武洞公園によることにしました。

玄武洞公園 遠景

 まだ雪も多いですが、お客さんが多いですね。昨年に、前市長の想いがあり、センス良くリノベーションされてから初めての訪問です。

玄武洞公園 玄さん

 石段を登っていくと広場に出ますが、この玄武洞にちなんだゆるキャラ「玄武洞の玄さん」の撮影ボードが迎えてくれます。

玄武洞公園 休憩棟

 こちらは休憩棟です。

玄武洞公園 休憩棟 内部

 でも、内部は休憩はできるスペースはなく、資料館的な建物です。玄武洞の成り立ちや、ジオパークの中での重要な位置づけなどを学ぶにはいいと思います。でも、プレゼンテーションはイマイチかな。

玄武洞公園 券売所

 ここから先は有料ゾーンです。券売所入場料(500円)を払って先に進みます。

玄武洞公園 アプローチ

 さあ、この石段を上ると絶景に出会えますよ。

玄武洞公園 玄武洞

 目の前に立ちはだかるのは、この公園の主役である玄武洞です。玄武岩の名前の由来になっただけのことはある壮大な姿を見せてくれます。溶岩が固まるときに垂直に亀裂が入り、そのあと、横に亀裂が張ることで、六角形のきれいな柱状節理ができるのです。
 この均一で安定的な石は豊岡周辺の方々に重宝がられ、水路や建物の基礎の石垣や、漬物石、庭の飛び石などに使われたために、石が掘り起こされて洞窟のようになっているのです。
 柱状節理が複雑に重なりあっていて、溶岩の流れと地殻変動の激しさを感じることができます。

 和歌山の友人は大変感激してくれました。惣兵衛たちは見慣れていて過小評価しているのかもしれませんね。

玄武洞公園 青龍洞

 次は隣にある惣兵衛が大好きな青龍洞です。

 足元に水を蓄えた池があり、天に上るようにうねった柱状節理が龍のようです。雨が降っていなくて、池の水面が鏡になると、柱状節理が映り込んで奇麗なのです。

 もう一度、玄武洞に戻って、青龍洞の逆側にある小規模の名勝に向かいます。100段ほどの石段を登りました。

玄武洞公園 白虎洞

 こちらが白虎洞です。洞窟的な感じはないですが、小規模ながら溶岩流のうねりの力強さを感じますね。

さらに、北に歩きます。

玄武洞公園 北へ

 さらに北に向かうと2つの名勝地があります。

玄武洞公園 南朱雀洞

 こちらは南朱雀洞です。柱状節理のへこみの中に露天風呂のような池があって、かわいらしいです。お坊さんが修行をされるような雰囲気がありますね。

玄武洞公園 北朱雀洞

 こちらが北朱雀洞です。岩の姿が面白いだけでなく、手前に崩落して落下してきた岩がゴロゴロとあります。玄武洞が地殻変動をしたり、劣化して落石したりしていて、まだ生きている雰囲気を感じられました。


 久しぶりの玄武洞の雄姿を観られて楽しかったし、友人も喜んでくれました。
 またお邪魔したいと思います。



ありがとうございました! またおじゃまします!




にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←日本海の成り立ちの激しい歴史を見せてくれる玄武洞に応援クリックお願いします。


タグ: 豊岡市城崎 

[edit]

« 大学の友人を喜ばせた但馬の宝 ~出石そば遍~そば庄 鉄砲店 出石町  |  大学の友人を喜ばせた但馬の宝 ~松葉ガニ遍~丸惣水産 豊岡市港地区 »

コメント

保育園の頃

僕が保育園児だったころはここが遠足の定番でした。
玄武洞から渡し船でってやつです。
リニューアルされてからはまだ伺ってませんね~。

栄治 #- | URL | 2023/02/15 07:12 * edit *

栄治さんへ

私は高校時代にここに遠足でしたね。

高校から歩いて、わざわざ森津から山登り。滝を見てから山越えで
玄武洞駅へ。そこから同じく渡し船で玄武洞へ。

ほとんど休まずに弁当を食べたら、田鶴野を通って高校へ帰りました。

疲れた遠足でした。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2023/02/18 15:14 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/5034-e873172e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)