FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

佐用名物ホルモン焼きうどんは「旨い」の一言 ~お多福 兵庫県佐用町 

次男のサッカーのお迎えの帰りに佐用によることにしました。佐用といえばホルモン焼きうどん。このホルモン焼きうどんをご当地B級グルメとしてがんばって広くPR活動に尽力した名物の知人もいるので、初めて食べるときは絶対に当地でいただきたいと思っていましたから念願成就です

お店はインターチェンジから佐用市街地に向かって走ると、三叉路の橋のふもとにあるお店

お多福さんにお邪魔して来ました。
お多福 外観

 もともと佐用ではホルモン屋さんがたくさんあり、ホルモンを焼いたついでにうどんを一緒に焼いて食べる習慣があったようです。地域資源としてPRされ兵庫県や大阪ではそこそこ有名になったものです。最近では、B1グランプリで有名になった岡山の津山に押されていますが、それでもお店の前には他府県ナンバーの車がずらりありました。

お多福 店内

 このお店はとても広くてきれいです。他の有名店のいくつかはファミリーでは寄りにくい感じ(豊岡の人に説明すると「松ちゃんラーメン」のよう。他地域の人には明日のジョーのジムのよう。)ですが、ここは全く問題ないです。席から見える鉄板で調理して、おおきなこてに乗せてテーブルの鉄板に持ってきてくれるスタイル。調理の様子はかっこよかったのですが撮影NGということでご紹介できません。あしからず

メニューはホルモン焼きうどんのみ! 潔さがいいです。
お多福 メニュー

頼み方はうどん(120円)の数とホルモンの種類をいくつか選んでオーダーします。メニューによるとうどん3玉ホルモン3種で2人前が目安ということです。
 私たちは惣兵衛と奥方と次男の三人だったので うどん4玉(120円×4)とトントロ(480円)、ホルモン(490円)、しんぞう(490円)をお願いしました。(合計 1,940円)

 注文すると鉄板の上でホルモンをほぐしたり、つぶしたりしながらしっかり焼き、醤油ソースのかかったうどんを炒め合わせて完成となっていました。

ホルモン焼きうどんの登場です
お多福 ホルモン焼きうどん

 見てくださいこの美味しそうな焼き色。香りだけで御飯が食べれそうです。ビールを我慢して早速箸をつけます。

お多福 トッピングお多福 ホルモン3種

 ホルモンの切れ目は比較的大きめです。うどんとホルモン以外はキャベツのみというシンプルさがいいです。佐用のホルモン焼きうどんは漬けダレでいただくのが流儀です。にんにくや唐辛子、ゆずを好みで混ぜていただきます。私はにんにく少々と唐辛子を少し入れていただきました。絶対にあいます

お多福 タレにつけて

 焼きうどんの味付けは薄めの醤油ダレです。漬けダレは焼肉のタレを半分の濃度にしたあっさり味。ネット上で見ると辛いと書かれているものもありましたが、ぜんぜん辛くありません。美味しくてたまりません。
 麺はこのホルモン焼きうどん専用に地元製麺所で作られた麺で、しっかりとしていて、水分が少なく、たれを適度に含み、焦げ目が逆に美味しくなるように計算されて作られているようです。

 岡山津山のホルモン焼きうどんはホルモン用の焼肉のタレを単純にうどんに使ったものと聞いたことがありますが、料理が好きな私としては作用のほうがそそられますね。ちなみに私は焼きうどんはソースも好きですが、醤油が大好物です。


佐用のホルモン焼きうどんは絶品です。ほかのお店も試してみたいし、津山のものも食べてみたくなりました。

ご馳走様でした。またお邪魔します。

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←水害をこうむっても地域おこしにがんばる佐用とホルモン焼きうどんに応援ポチッ!お願いします!

お多福




関連ランキング:ホルモン | 佐用駅


[edit]