01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

豊岡にできた超こってりラーメンのお店 ~麺や 樂 豊岡市 

 豊岡市街地でランチタイムです。どこに寄ろうかとぶらぶら歩いていると以前閉店してしまったラーメン屋さんの建物で初めてみるお店が営業されている様子です。
 名前を見ると麺や 樂さんです。

麺や 樂 外観

 面白そうなのでさっそく入ってみました。

麺や 樂 カウンター

 店内はお客さんで一杯です。写真は遠慮しました。シックな内装に変わっていましたが、レイアウトは基本的に前のお店と同じです。ただ、入って左のスペースは席がなくなっていて、なぜかペッパー君がお出迎えしていました。
 呼称が種類あります。ミルして使う方式でこだわりを感じますね。水はレモン水です。さっそくメニューを拝見します。

麺や 樂 メニュー
 
 メニューはシンプルです。こってりの白湯かさっぱりの清湯でそれぞれ醤油が選べます。うっかり裏面をとり忘れましたが、チャーシュー丼などのご飯類トッピングが掲載されていました。

 今回お願いしたのがこれです。

麺や 樂 白湯ラーメン 醤油 

 白湯ラーメン 醤油(800円)です。

 チャーシューが3枚あって、煮卵も乗っかっています。これはなかなかいい感じですね。豊岡ではあまり見ないタイプのラーメンです。

麺や 樂 白湯ラーメン 醤油 スープ

 さっそくスープをいただきましたが、これはなかなかのこってりですね。どろどろ系です。でも獣臭とかはあまりなく、サッパリした感じです。むしろもう少ししょゆだれを足したいと思うくらいでした。
 でも、飲み続けると旨みで醤油の必要性はそれほどでもなくなる不思議なスープです。

麺や 樂 白湯ラーメン レアチャーシュー

 まずはレアチャーシューをいただきます。大きなお肉ですがかなり薄くスライスされています。味がしっかりついているのでおいしいですし、スープも絡んでいい感じです。

麺や 樂 白湯ラーメン 鶏肉

 つづいて鶏チャーシューです。さっぱりとした胸肉ですね。蒸し鶏みたいな感じですよ。

麺や 樂 白湯ラーメン チャーシュー

 そしてこちらが普通のバラ肉を使ったチャーシュー。チャーシューはそれぞれ個性があって楽しいですね。

麺や 樂 白湯ラーメン いただきます

 ここからはずるりといただきます。自家製麺はコシもちょうどいい感じです。モチモチしていていいですね。ただ、コッテリなスープが絡みまくるので麺の旨みを100%感じられることはなかったです。でも、ちゃんと主張もあったので旨い麺だと思います。

 あっという間に完食です。

 このお店のキャッチフレーズは「ラーメン好きのスタッフが、心を込めて作ってます。」となっています。すべて手作りで無化調のようです。そういえば女性の店員さんは見たことがあるとずっと思っていました。きっとこの店の方だと・・・・・。


 このタイプのお店はあまりないのでいいですね。次は、私の好きな清湯の塩か醤油をいただいてみたいと思います。



 ご馳走様でした。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←但馬にはあまり例を見ないどろどろ濃厚スープのお店に、応援クリックお願いします!


麺や 樂



関連ランキング:ラーメン | 豊岡駅


タグ: 豊岡市 

[edit]

福知山駅前にあるファミリー層と大食漢に支持される中華料理店 ~中華サン 京都府福知山市 

 京都での三が日最終日を迎えました。

 翌日からお義父さんは仕事があるのでお義母さんと関東に帰ることに、長男も部活があるので岡山に帰ることになりました。寂しいものです(涙)。

 惣兵衛夫婦と次男で但馬への帰路につきます。 途中でランチタイムになったのでお邪魔したのが福知山駅前にある
中華サンさんです。

中華サン 外観

 何度も通ったのに初めて知りました。駐車場もあるので便利です。

中華サン 店内

 この写真はランチタイムが終わるころに撮った写真です。入店した時は1時過ぎにもかかわらず家族連れで満席状態でした。

 テーブルの一つに座ってメニューを拝見します。

中華サン メニュー1

中華サン メニュー2

中華サン メニュー3 中華サン メニュー4

中華サン メニュー5 中華サン メニュー6
(クリックして拡大してご覧ください)

 すごいメニューの数々です。しかも安いですね。セットは高く感じますが、ボリュームがすごそうです。


 いろいろ悩んで惣兵衛がお願いしたのがこれです。

中華サン チャンポン 

 チャンポン(880円)です。 なかなかいい感じですね。

中華サン チャンポン アップ

 御覧の通り具だくさんです。海老、イカ、きくらげ、フクロダケ、キャベツ、もやし、ニンジンなどですん。とてもおいしそうです。

中華サン チャンポン バナナ

 デザートはシンプルにバナナです。ちょっと笑えますが嬉しいですね。

中華サン チャンポン スープ

 スープを一口ごくりといただきます。とってもさっぱりしたスープでおいしいです。

中華サン チャンポン 具材

 具材とスープと一緒にいただきました。旨いです。イカの包丁もきっちりされていて丁寧な仕事ぶりですよ。

中華サン チャンポン いただきます

 早速いただきましたが、は中華料理店独特のふにゃっとしたものでなく、プリッとした感じです。とてもおいしいですよ。


中華サン 五目あんかけそば

 奥方は中華あんかけそば(780円)です。これもまたおいしそうです。


中華サン ラーメンセット 

 次男はラーメンセット(1,150円)です。

 写真はまだすべての料理がそろっていません。とりあえずラーメンと御飯だけが到着です。

中華サン ラーメンセット ラーメン

 らーめんは醤油、味噌、塩のどれでもえらべま が、醤油を選んだようですが、少し濁ったスープ。味噌かと思いましたが醤油味でした。ラーメンスープはちょっと豚骨系なのでしょうか。

中華サン ラーメンセット トッピングとデザート

 小皿にはキムチワカメがありました。漬物代わりに食べてよし、ラーメンのトッピングにしても良しということなのでしょうか。


 ちょっと次男が食べ進むと残りの料理が到着しました。

中華サン ラーメンセット 全部そろった

 これはすごいですね。このセットはラーメンとチャーハン、唐揚げと餃子がセットなのです。

中華サン ラーメンセット チャーハン

 チャーハンはちょっと薄めの味付けでパラパラのいい感じのものでした。旨いですね。

中華サン ラーメンセット ぎょうざと唐揚げ

 唐揚げの味付けもいい感じ。餃子はもっちりした食感でちょっと甘めの味付けが面白かったです。
 
 食べ盛りの次男もだ満足だったようです。


 ファミリーでの利用や、がっつり食べたいときに良いと思います。次にお邪魔するときは880円のランチを試してみたいですね。



御馳走様でした! またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←福知山駅前で大衆的な中華料理を提供してくれるお店に応援ポチッ! よろしくお願いします!


中華サン



関連ランキング:中華料理 | 福知山駅


[edit]

はやくも2か所目のお参りです  ~西国三十三か所巡り 第十八番札所 六角堂 京都市中央区 

 さてさて、東福寺で京都の膳時の雰囲気を満喫したら、そのあとは京阪電鉄に乗って四条に界隈で子どもたちは洋服を買いにお買い物、惣兵衛夫婦とお義父さんとお義母さんとは錦市場で楽しみました。
 子どもたちの買い物が長いので、その時間を使って西国三十三か所巡りをすることにしました。

 お寺の通称は六角堂。本当の名称は紫雲山頂法寺さんです。

六角堂 山門

 場所は錦市場の最西端からあるいて10分くらいの場所にあります。ビルに囲まれていてびっくりですが、創建は聖徳太子といわれていますが、10世紀の建立ともいわれています。当時は周りには何もなかったのでしょうね。時の流れとともにビルに囲まれてしまった感じです。

六角堂 本堂

 でも、お寺の雰囲気はなかなかのものです。熱心な参拝者がたくさんおられました。

六角堂 本堂お参り

 頭を垂れて、両手を合わせて心から祈ります。


六角堂 十六羅漢

 本堂の隣には十六羅漢があります。
 
 新しい池と仏像軍ですが、これがこのお寺の特徴なのでしょうか。このお寺はもともと別のお寺の境内寺で、小野妹子が花をささげたことから華道の由来とされています。よって華道発祥の地とされているのです。

六角堂 側面

 本堂の側面に立つと、このお寺の建造物としての特徴が分かります。

 裏は完全なる六角形の建物で、その前におまえりの為に唐様の形状を持った平入の建造物が並び立っている感じです。

 完全なる六角形の建物は奈良時代にはいくつかあったので、実際は10世紀の建物だったのですが、それ以前のものとされたのかもしれませんね。

六角堂 裏から

 裏に回ると素晴らしく均整の取れた六角形の建物をめでることができます。」

六角堂 朱印

 さっそく御朱印をいただきました。

 「わが思う心のうちは六の角 ただ円かれと祈るなりけり」



今年2か所目の西国三十三か所巡りです!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←西国三十三か所巡りを楽しむ惣兵衛夫婦に、応援クリックお願いします!


六角堂 マップ

[edit]

紅葉の名所 東福寺御用達のうどん屋さんでご満悦 ~丹波屋 京都市東山区 

 お腹ペコペコのお義父さんとお義母さん、奥方と長男と次男をなだめながら東福寺を後にして、東福寺駅まで歩き続けます。正月なので神社の門前町以外のお店はお休みが多いのです。
 そこでお邪魔したのが東福寺御用達丹波屋さんです。

丹波屋 外観

 懐かしい雰囲気でいい感じです。

丹後屋 お品書き

 お店の前にはお品書きがあります。何がどれくらいの予算でいただけるのかわかりやすいのでありがたいですね。

丹後屋 注意書き

 店の入り口には注意書きがありました。これは心配です。さっそくお店に入りました。

丹後屋 店内

 お店はたくさんのお客さんでごった返しています。少し待ちましたが、ラッキーなことに6人全員でカウンターにすぐに案内してもらえました。

丹後屋 大将

 カウンターの向こうでは鯖寿司を作り続ける年老いた大将の姿がありました。なるほど、これは無理をなさらぬ方がいいですね。

 さっそくメニューを拝見します。

丹後屋 メニュー1

丹後屋 メニュー2

丹後屋 メニュー3

丹後屋 メニュー4

 少し悩みましたが惣兵衛がお願いしたのがこれです。

丹後屋 天通もみじうどんと鯖寿司3個セット 

 天通もみじうどんと鯖寿司3切セット(1,370円)です。

丹後屋 天通もみじうどんと鯖寿司3個セット うどん

 天通もみじうどんはその名の通り、東福寺の天通橋からみるもみじの姿を模したものです。もみじの京生麩、生湯葉、あわ麩、ほうれん草、さやえんどうがとてもきれいですね。

丹後屋 天通もみじうどんと鯖寿司3個セット つゆ

 つゆはこの通りとても澄んだものです。でも、だしがしっかり出されていて旨みはとても豊潤です。さすが京都のうどんですね。

丹後屋 天通もみじうどんと鯖寿司3個セット 生麩

 生麩も綺麗なだけでなくて、中にうまみをしっかり含んでいて最高です。

丹後屋 天通もみじうどんと鯖寿司3個セット いただきます

 うどんもやはり京うどんですね。最近は讃岐うどんが全盛で、強いコシが求められています。それには強めのつゆが相性がいいですね。でも、京うどんや大阪うどんはコシは弱めです。でも、微妙な塩梅で残っています。その優しいうどんには優しいつゆが相性がいいです。旨いですね~。


丹後屋 天通もみじうどんと鯖寿司3個セット サバ寿司

 鯖寿司は大きなものが3つです。大将の歳のせいか、形も少し乱れていますし、器の中心に置かれていませんが味には問題ないはずです。

丹後屋 天通もみじうどんと鯖寿司3個セット サバ寿司いただきます

 さっそくいただきましたが、これは美味しいです。大将が他の職人さんに作らせないはずですね。


丹後屋 鉄火丼 

 長男は鉄火丼(1,000円)をいただいておりました。

丹後屋 鉄火丼 アップ

 マグロの赤身が漬けのように味つけされていて、そこに卵黄を砕いていただくと最高の旨さだったそうですよ。


 いいお店に出合えました。次はもう一つの名物のうな丼ををいただきたいと思います。



御馳走様でした! またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←年老いてもこだわりの鯖寿司を作り続ける大将に応援ポチッ! よろしくお願いします!

丹波屋



関連ランキング:寿司 | 東福寺駅鳥羽街道駅七条駅


[edit]

京都五山の第四位の素晴らしいお寺に参る ~東福寺 京都市東山区 

 伏見から電車で戻ろうと思いましたが、参拝客で駅が混雑してるので少し北上して歩き始めます。せっかくなのでおじゃましたのが東福寺さんです。

 南方にある六波羅門をくぐると・・・・・・

東福寺 三門

 いきなり目の前に現れた巨大な寺院の建物に感嘆の声を上げてしまいました。

 東福寺は京都5山の第4位の寺院です。京都五山とは

南禅寺 - 別格
天龍寺 - 第一位
相国寺 - 第二位
建仁寺 - 第三位
東福寺 - 第四位
万寿寺 - 第五位


 と素晴らしいお寺が並びます。

 東福寺は室町時代の1236年創建の臨済宗東福寺派の本山です。今でも25の塔棟(山内寺院)を要する巨大な大寺院です。素晴らしいお寺にもかかわらず観光客の少なさにびっくりするやら、安堵するやらです。ゆっくり寺院内を見学することにします。

東福寺 三門

 こちらの強大な建物が三門です。なんと「門」なのです。国宝に指定されていて、日本に存在する禅寺の三門としては日本最古。様式は東大寺の大仏殿と同じ大仏様です。
 東福寺の名前の由来は奈良の最大の寺院である東大寺と、繁栄を極めた興福寺の一文字ずつをとってつけられたそうなのでこうした建築様式をとったのもうなづけます。

東福寺 本殿

 その向こうに見えるのが本堂です。

 明治時代に焼失して再建された昭和期の最大規模の木造建築です。本尊は本尊釈迦三尊像で、再建後に万寿寺から移されたものです。

東福寺 本堂側面

 天井に描かれた竜がどの角度から見てもこちらをにらみつけているように見えます。正面からは写真撮影できないので側面に廻ります。

東福寺 本堂内部

 この絵は堂本印象筆で教科書でもよく取り上げられていますね。

東福寺 東司

 本堂の前にもたくさんの巨大な建物が整然と並んでいます。 こちらが東司(とうす)。いわゆるトイレです。日本最大最古のものです。禅寺でしたのでトイレの時間も決められていて、一斉に行われたため(百雪隠)に巨大なトイレが必要だったようです。

東福寺 禅堂

 こちらが禅堂。 こちらも日本最大最古のものだそうです。

東福寺 経堂

 この建物が経堂ですね。

東福寺 方丈

 こちらが方丈です。明治時代に明治天皇の太后より下賜されたものだそうです。菊の御紋が輝いています。こちらの庭園が素晴らしいので庫裡に向かって見学します。

東福寺 庫裡

 庫裡の廊下を歩いていくと渡り廊下があって方丈の立派な書院です。

東福寺 庫裡の裏庭

 渡り廊下の右側に見えるのが東庭。東司の柱石の余材を利用して北斗七星を構成し、雲文様の地割に配しているそうです。

東福寺 書院の庭

 左側に見えるのが南庭です。これも有名な庭ですね。方丈の正面に移動してみましょう。

東福寺 書院から見た庭

 荒海の砂紋の中に蓬莱、方丈、瀛洲、壺梁の四仙島を表現した配石で、右方には五山が築山として表現されているそうです。とても素晴らしいですね。

東福寺 書院西の庭

 こちらが西庭。さつきの刈込みと砂地が大きく市松模様に入り、くず石を方形に組んで井田を意図しているそうです。

東福寺 書院 裏庭

 こちらが北庭です。こちらが最も有名な庭ですね。近代美術の要素も大胆に取り入れた庭です。

東福寺 書院 裏庭

 すばらしいの一言です。

 北には皿に素晴らしい場所があります。

東福寺 通天橋

 方丈の北は深い谷になっていて、そこを渡る屋根付きの端のような建物があります。これが通天橋といいます。その向こうには開山堂など、東福寺にとって重要な建物があります。

東福寺 紅葉と開山堂

 しかもここの谷は一面がイロハモミジで埋め尽くされています。春には新緑の海、秋には紅葉のクレイ内の海になっているのでしょうね。これは素晴らしいと思います。


 このあと、通天橋を渡って開山堂に向かいたかったのですが、お義父さんとお義母さん、息子たちもおなかがすいてきたようなので食事に向かいました。

 次は紅葉の時期に行きたいものです。



やっぱり京都は凄いや!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←長い時間をかけて禅の道を歩む名刹に、応援クリックお願いします!

[edit]