FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

城崎温泉街にある小料理屋でちょっと一杯 楽しみました ~美食遊楽 とみや 城崎温泉 

 夏休み期間中は平日は花火が上がったり、イベント盛りだくさんの城崎温泉にお邪魔してきました。小腹が空いたのでお邪魔したのが小料理屋さんの美食遊楽 とみやさんです。

とみや 外観

 城崎温泉の中心から少し北の方に歩いたところにあります。

とみや 外の御品書き

 表に御品書きが掲げてあるので安心ですね。

とみや カウンター

 早速暖簾をくぐりますが外国人の観光客さんも含めて満席でしたが、カウンターになんとか奥方と二人で座ることが出来ました。メニューを拝見します。

とみや メニュー表

とみや メニュー裏
(クリックして拡大してご覧ください)

 いろいろあって楽しいですね。

とみや 生ビールと付け出し

 まずは生ビール(550円)と付け出し(不明)ですね。
 付け出しはモロヘイヤです。夏には最高ですね。

とみや スズキの刺身 

 まずは刺し身をいただきます。お願いしたのがスズキの刺身(1,300円)です。

とみや スズキの刺身 いただきます

 新鮮でとてもおいしかったです。わさびも本わさび。流石ですね。

とみや 和牛筋のあっさり醤油煮

 こんでいたのでカウンターの惣菜からお願いしました。その一つが和牛筋のあっさり醤油煮(600円)です。これがめちゃくちゃおいしかったです。

とみや オムレツ

 もう一つがひき肉といろいろ野菜のオムレツ(400円)です。家庭的な味でゆったり飲めます。

とみや カンパチかま

 焼き魚はカンパチかま(800円)。これが脂がのっていておいしいのです。

とみや レンコンはさみ揚げ

 揚げ物でお願いしたのがレンコンはさみ揚げ(価格不明)です。

とみや 鯖のヘシコ

 実はこの辺りから冷酒でした。これにあう相棒として選んだのが鯖のへしこ(550円)。ぬか漬けの鯖の香りが最高ですよ。

とみや 但馬牛の握り寿司

 最後にお願いしたごはんものは但馬牛の握り(1,300円)。

とみや 但馬牛の握り寿司 いただきます

 但馬牛は軽く炙ってあって、口の中でとろけますが、わさびとネギがあっさりとしてくれます。このお店では必ず食べたい逸品です。


 城崎温泉も大賑わいでうれしかったです。東京でももっと知名度を上げていきたいですね。


ご馳走様でした。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←城崎温泉で夫婦でおいしいりょうりと時間を提供してくれるお店に応援クリックお願いします。励みになります!

とみや



関連ランキング:居酒屋 | 城崎温泉駅


タグ: 豊岡市城崎 

[edit]

豊岡駅の西側の住宅街に引っ越してきた食堂 ~えち江 豊岡市 

 豊岡病院界隈で仕事があり、その前に少しおなかを満たそうとお邪魔したのがえち江さんです。

えち江 外観

 豊岡駅の西口の新興住宅地と昔の住宅地の境目にあります。

えち江 おしらせ

 実はこのお店、昔は駅の東側にある新日本通りにあったしゃもじ屋さんという居酒屋さんがこちらに引っ越し、店の名前を帰られたお店です。

えち江 営業時間

 営業時間はこの通り、少し変則なので気を付けてくださいね。

えち江 店内

 お店は新しいのでとてもきれいです。昔のお店とそんなに変わらない小さなカウンターと小さな座敷が一つの小さなお店です。

えち江 カウンター

 カウンターに座ってメニューを拝見します。

えち江 お品書き

 ラーメンのほかにもカレーライスなどの軽食があり、もちろん居酒屋メニューもあります。飲んだ後の締めのラーメン小の価格設定はありがたいですね。

えち江 ラーメン 大 

 しばらくしてお願いしたラーメン 大(600円)が登場しました。

 ラーメンの大と通常サイズが同じ値段だというのもありがたいですね。

 見た目はごく標準的な中華そばです。トッピングはチャーシューもやしメンマきざみネギ。このメンマがとても柔らかくておいしかったです。

えち江 ラーメン 大 スープ

 早速スープをいただきます。少し酸味がある豊岡系のスープです。豊岡の中では醤油が強めです。でもとってもいい感じでした。

えち江 ラーメン 大 チャーシュー

 チャーシューはこの通り、自家製のおいしいものです。

えち江 ラーメン 大 いただきます

 早速いただきましたが、麺は豊岡市でよく使われている製麺所のおいしい麺です。ちょっと硬めにゆでられていたのがまた良かったです。
 麺の量も大ということでしっかりとありました。


 とても懐かしい中華そばです。気に入りましたよ。

 次はカレーライスか焼きそばをいただこうかな。


 ご馳走様でした。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←地域で親しまれるラーメンがおいしい居酒屋さんに、応援クリックお願いします!

えち江



関連ランキング:ラーメン | 豊岡駅


タグ: 豊岡市 

[edit]

夏限定のレモンの入ったさっぱりしたラーメン ~龍花 豊岡市 

 前回、冷麵をいただいた豊岡市街地のラーメン屋 龍花さんですが、面白いレモンの入ったメニューが気になったので再訪しました。

龍花 外観

 赤い暖簾が素敵です。

龍花 店内

 L字型のカウンターがあるだけの小さなお店ですがたくさんのお客様でにぎわっています。

龍花 レモン入りらーめんのメニュー

 お目当てはこれです。醤油・塩・味噌のどれからにプラス50円でレモンが入る夏限定メニューです。

龍花 もやし

 無料のもやしをいただきながらラーメンが登場するのを待ちます。

龍花 レモン塩ラーメン 

 惣兵衛がお願いしたのがこれです。塩レモンらーめん(720円=670円+50円)です。

 レモンがたくさん入っていておいしそうです。

龍花 レモン塩ラーメン レモン

 大きくてぶ厚目のレモンが4枚も入っています。

龍花 レモン塩ラーメン スープ

 早速スープをいただきましたが塩のあっさりスープにレモンがさわやかな酸味を与えてくれておもしろいです。みそとかもできるようですが、感覚的には塩でもいいくらいの調和ですので、他のラーメンだとレモンが隠し味程度になるのかな?

龍花 レモン塩ラーメン チャーシュー

 龍花さん自家製のチャーシューはこの塩レモンのさっぱり味を邪魔しなくていいですね。

龍花 レモン塩ラーメン いただきます

 いただきましたが、レモンの風味がしっかり生かされていておいしいですよ。なかなかのアイデアラーメンでしたね。
 

ご馳走様でした。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←ブラックのラーメンが味噌、しょうゆ、豚骨で楽しめるラーメン屋さんに応援クリックお願いします。励みになります!

龍花




関連ランキング:ラーメン | 豊岡駅


タグ: 豊岡市 

[edit]

木曽駒ソースカツどんの元祖のお店で大満足 ~とんかつ ソースかつ丼 きらく 長野県駒ケ根市 

 木曽駒ケ岳の登山を終えて、お風呂も入ったら少しおなかが空いてきました。そこでおじゃましたのが
とんかつ ソースカツ丼 きらくさんです。

きらく 外観

 駒ケ岳を降りて、駒ケ根ICを通り過ぎて、交差点を右折したのどかな場所にあります。とても評価が高く、駐車場に停まっている車のナンバーは東京から関西まで様々でした。

きらく のれん

 お昼時間ぎりぎりに入店することができました。

きらく 店内

 店内は黒を基調としたしつらえでとてもきれいで清潔でしたよ。

きらく 座敷

 奥の座敷に案内されました。座ってメニューを拝見します。

きらく メニュー

(クリックし拡大してご覧ください)

 とんかつにかかわるメニュー以外にも、エビフライやカレー、麺類もありますね。

きらく こだわり

 メニューを読んでみるとこのお店が木曽駒ソースかつ丼の発祥のお店みたいです。これは楽しみですね。長野のソースカツどんは単にご飯にキャベツの千切りを敷き詰めて、その上にとんかつを載せ、とんかつソースをかけただけというイメージがあるのですが、木曽駒ソースあkつ丼がどんなものか楽しみです。

きらく 生ビール

 まずは生ビール大(800円)をお願いしました。これは最高です。

 付け出しに柿の種もついてきましたよ(笑)。

きらく 上ソースカツ丼 

 そしてこちらが上ソースかつ丼(260g 1,180円)です。カツが大きくて蓋が閉まっていませんね(笑)。

きらく 上ソースカツ丼 オープン

 ふたを開けたら思わず歓声が上がりました。これは本当に大きいです。

きらく 上ソースカツ丼 味噌汁

 みそ汁もいい感じ。

きらく 上ソースカツ丼 漬物

 漬物はキュウリのキューちゃんですね。

きらく 上ソースカツ丼 アップ

 しかしこのカツの大きさをご覧ください。しかもこれまで長野でいただいたソースがかかっているのではなく、福井のソースカツどんのようにしたした感じが素晴らしいです。

きらく 上ソースカツ丼 リフト

 カツを持ち上げてみましたがこの分厚さはたまりませんね。いただいてみましたが脂身があるものの、しっかりと叩いて下処理がされているので柔らかいです。そして衣はしゃきっとしていますが、コンソメ的な味を含んだソースがしみ込んでとてもおいしいです。これは福井のソースカツどんと同じ感じですね。

きらく 上ソースカツ丼 キャベツ

 ご飯とともに頂きますが、キャベツもしんなりしていてごわごわ感がなくて、主役を盛り上げるわき役として完璧です。

きらく 上ソースカツ丼 いただきます

 からしをたっぷりかけることをお勧めします。


 あまりにおいしいので一気にいただいてしまいました。これは中央道を通ったら途中下車してでも寄ってみたいお店です。


 このあと一行は車を飛ばして豊岡に帰りました。帰ったら夜の10時。まるまる24時間ほとんど寝ることもなく登山を終えてミッションコンプリートです。
 素敵なアルプスに登って、美味しいものを食べて大満足でした。


ご馳走様でした。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←とてもボリュームがあり、最高にうまいソースカツどんを発明して、人気を集めているきらくさんに応援クリックお願いします。励みになります!

とんかつ ソースかつ丼 きらく



関連ランキング:とんかつ | 駒ケ根駅小町屋駅


[edit]

中央アルプスの名峰で夏山登山を満喫 ~木曽駒ケ岳 長野県 

 地域のグループでアルプス初チャレンジです。目標は中央アルプスの名峰 木曽駒ケ岳。まだまだ初心者のメンバーが多いですが、ここならば約2,600メートルの高地まで上がれるので大丈夫であろうということで出発です。

 お盆ということもありそれぞれゆっくりとした時間が取れないので但馬を午後10時に出発して車を交代で運転しながら目的地に向かいました。早めに到着して少し仮眠をとってから出発するというプランです。
 
 駐車場に到着しました。とはいえメインの駐車場である菅ノ台バスセンターの駐車場はいっぱいで、1キロほど先に進んだ黒川平駐車場まで行きました。ここでも最後の1台分のスペースに滑り込んだ感じです。すごい人気ですね。

木曽駒ケ岳 黒川駐車場 発券

 さあ、仮眠と思ったらバスとロープウェイの切符の販売が始まりました。バス・ロープウェイ往復切符(3,900円)を購入しました。
 
木曽駒ケ岳 黒川駐車場 深夜の行列

 通りを見るとすでに30名ほどの方が行列を作っておられましたので、受付の方に理由を聞いてみました。メインの駐車場でも日が変わる前から並んでいて、そちらを優先してバスが来るとのこと。こちらに来ても補助席に座れる数人しか乗れないどころか、満席で乗れない場合もあること。並ばないと数時間待つことになることなどをお聞きしました。

 私たちも徹夜で並ぶことにしました。

木曽駒ケ岳 黒川駐車場 明け方の行列

 ごらんのとおり、明け方になるとすさまじい行列ができていました。聞いておいてよかったです。

木曽駒ケ岳 黒川駐車場 バス到着

 バスは予定を早めて5時前から運航開始。数台が通り過ぎていきましたが、5:44にバスに乗ることができました。

木曽駒ケ岳 登山バス 社内

 バスは狭くてつづら折りの旧坂を上っていきます。途中の景色も素晴らしいものがありました。

 そしてロープウェイ乗り場に到着。ここでもまた行列です。

木曽駒ケ岳 登山バス車内

 30分ほどで乗ることができました。ロープウェイからの眺めが素晴らしいようなのですが、寿司詰めの中央にいたので全く見ることができませんでした(涙)。


 ところが頂上駅を降りると素晴らしい雲海と南アルプスの山々の絶景が迎えてくれました。

木曽駒ケ岳 雲海と南アルプス
 
 真ん中には富士山も見えます。これまでの苦労が癒されます。

 駅を回り込んで北側に行くと写真でよく見る千畳敷カールの絶景が目の前に広がります。

木曽駒ケ岳 千畳敷カール

 これはすばらしい!


 さて、さっそく登りましょう。実はこのロープウェイは下山の時も大変なようなのです。前日は午後から込み始め、2時間も待つことがあったとか。善は急げですね。

木曽駒ケ岳 駒ヶ岳神社

 7:08 まずは登山口にある木曽駒ケ岳神社に参拝です。

木曽駒ケ岳 千畳敷カールの登山道

 そこからしばらく千畳敷カールの中を歩きますが、快適に整備された道で楽しいです。

 高山植物が美しい花畑です。

木曽駒ケ岳 千畳敷 コバイケイソウ

 コバイケイソウ

木曽駒ケ岳 千畳敷 イワカガミ

 イワカガミ

木曽駒ケ岳 千畳敷 チングルマ

 チングルマ

木曽駒ケ岳 千畳敷 残雪

 そして残雪。

木曽駒ケ岳 千畳敷カールからの急登

 7:24 しかしながらお楽しみもここまで。25分ほど歩いたところで稜線めがけてすさまじい急登が続きます。

 ジグザグに登りますが、きっとこの上には素晴らしい展望があるはずと思い上り続けます。

木曽駒ケ岳 千畳敷カールを見下ろす
 
 見下ろせばアルプスらしい素晴らしい絶景が広がります。そんなこんなで25分ほど登り続けると・・・

木曽駒ケ岳 乗鞍浄土の道標

 7:49 乗鞍浄土という稜線に登りつきました。

木曽駒ケ岳 乗鞍浄土から中岳

  正面には天狗荘の向こうに中岳が見えます。この向うに主峰の木曽駒ケ岳があります。

木曽駒ケ岳 乗鞍浄土から宝剣岳

 左に稜線沿いには急峻な岩のピーク 宝剣岳が勇ましい姿を見せてくれます。

木曽駒ケ岳 乗鞍浄土から伊那前岳

  右側には伊那前岳などの山々が連なります。

木曽駒ケ岳 浄土平のパノラマ

 素晴らしい絶景をご覧ください。(クリックして拡大してご覧ください)

 8:06 小休止したら中岳に上り始めます。

木曽駒ケ岳 宝剣山荘

 こちらは青い屋根が印象的な宝剣山荘の脇を通り過ぎていきます。

木曽駒ケ岳 中岳へ登る

 御覧の通りの緩やかな斜面ですが、最後は傾斜を強めてきます。

木曽駒ケ岳 中岳山頂

木曽駒ケ岳 中岳山頂から見下ろす

 8:20 中岳頂上に到着です。この山頂から見下ろす形式も素晴らしいです。

 岩でごつごつとした素晴らしい山ですね。

木曽駒ケ岳 御嶽山

 北側の向こうには噴火でたくさんの尊い命を飲み込んだ御岳山が見えます。思わず手を合しました。

 さて、中岳にお別れを告げて山頂小屋に向けて下ります。

木曽駒ケ岳 木曽駒ケ岳山頂小屋のテントの花

 ここにはたくさんのテントがあってきれいですね。

木曽駒ケ岳 山頂へ

 さてここからまた木曽駒ケ岳山頂へののぼりを始めました。

木曽駒ケ岳 山頂へ

 8:45 木曽駒ケ岳山頂到着です。

 ここからの景色がまた素晴らしい。

木曽駒ケ岳 パノラマ南

 南には南アルプス

木曽駒ケ岳 パノラマ北

 北には北アルプスの山々がすべて見えます。

木曽駒ケ岳 立山連峰

 乗鞍岳の向こうに立山連峰

木曽駒ケ岳 穂高連峰

 その隣には穂高連峰槍ヶ岳

 その右には白馬連山

 素晴らしいです。おもわず山頂で記念撮影ですね。

木曽駒ケ岳 駒ヶ岳神社

 山頂の駒ケ岳神社にもお参りします。


 9:46分 山頂から降りて山頂小屋近くで休憩です。

木曽駒ケ岳 中岳隧道 手袋

 ここからは中岳をもう一度上るのではなく、中岳隧道という中岳を巻くように歩くルートを選びます。難所もあるようなので手袋を装着しましょう。

木曽駒ケ岳 中岳隧道 

 最初は快適な道でしたが・・・・

木曽駒ケ岳 中岳隧道 

 左側がスッパリと切り落ちた危険な岩場を歩くことになります。

木曽駒ケ岳 中岳隧道 

 ちょっとしたスリルがあって楽しいですね。

木曽駒ケ岳 中岳隧道 

 この山はヘルメットが必要ですね。次は用意してきたいと思います。


 10:25 浄土平に到着しました。ここでランチタイムです。

木曽駒ケ岳 ランチの準備

 今回はパスタに挑戦です。具材は家で切っておき、パスタも水で30分ほど浸してあり。それぞれ冷凍して持ってきました。

木曽駒ケ岳 ランチ完成

 オリーブオイルで炒めて、トマトペーストを入れて、水を入れて煮込んで完成です。

 なかなかおいしかったです。でもパスタはゆできってしまったほうが良いかもしれませんね。
 ゆっくり楽しんだら下山開始です。

 食べ終えたらもと来た道を降りていきます。浄土平からの急斜面の山道は大渋滞でした。

木曽駒ケ岳 千畳敷カールの花畑

 頻繁に止まることになるので花をめでながら急がずに降りていきます。

木曽駒ケ岳 下山待ち

 11:50 ロープウェイの山頂駅に到着しましたが、すでに行列が・・・・。急いで降りてきてよかったです。本当は宝剣岳に登りたかったのですが、渋滞していて時間がかかりそうだったので断念して降りてきました。正解でした。

木曽駒ケ岳 バス待ち

 なんとか30分ほどで乗車でき、下の駅に到着です。まだ山を目指すお客さんで混雑は続いていました。

 黒川平駐車場についたのでここで車に乗車します。

木曽駒ケ岳 こまくさの湯 

  体中汗だらけだったのでメインの駐車場の近くにある早太郎温泉 こまくさの湯にお邪魔しました。

木曽駒ケ岳 こまくさの湯 ザック

 玄関にはたくさんのザックが転がっています。登山者の癒しの湯になっているようですね。それもそのはず、露天風呂もあり、ジェット風呂、サウナまであって快適な温泉でした。
 筋肉痛もきれいに治った気になります。


 ひとっぷろ浴びたら、またおなかがすいてきたぞ・・・・。続きをお楽しみに。

  
 

 


やっぱり日本のアルプスは最高です!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←遊歩道をきれいに維持してくれる地域の方々に、応援クリックお願いします!

木曽駒ケ岳 マップ

[edit]