FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

但馬の一宮である出石神社で一年の平穏をお祈りしました ~出石神社 豊岡市出石町 

 三が日の最終日は但馬の一宮である出石神社へ家族そろって初詣です。

出石神社 一の鳥居

 但馬の国には2つの一宮があると言われています。一つがこの豊岡市にある出石神社で、もう一つが朝来市の粟鹿神社です。粟鹿神社の詳細は過去の記事をご覧ください

出石神社 境内

 この神社はこの通り、広い平地にあります。境内に向かってたくさんの方々が列をなしています。

出石神社 手水場

 手水場にも行列ができていました。手と口を清めで参拝に向かいます。

出石神社 絵馬

 神門には正月に大きな干支の絵馬が架け替えられます。鼠の絵がかわいらしいですね。

出石神社 拝殿

 拝殿が見えてきました。

 しばらく並んでようやく拝殿に到着し、但馬の安寧と家内安全を祈ってきました。

出石神社 拝殿と本殿

 拝殿の裏には立派な本殿があり、神主さんが一心不乱に神事を執り行っておられました。素晴らしいです。


 出石神社の詳細は以前の記事をご覧ください。


 
 惣兵衛夫婦は出石神社のお札をいただき、息子たちはおみくじを引いていました。なんと二人共に大吉! これはいいことがありそうです。


今年も良い年でありますように!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←但馬を見守る但馬の神々に、応援クリックお願いします!

タグ: 豊岡市出石 

[edit]

今年も 「勝ちが当たる」神社で商売繁盛、必勝祈願、学問成就の祈願 ~當勝神社 朝来市山東町 

 地区の初詣は元旦に済ませましたが、但馬の一宮には人が多くて断念。そこで翌日お邪魔したのが朝来市の山東町にある當勝(まさかつ)神社さんです。

當勝神社 一の鳥居

 このようにこんもりとした森の先端部分に一の鳥居があります。のぼりも建てられ、正月飾りもなされ、初詣の雰囲気がいい感じでした。

當勝神社 参道

 森の中をジグザグに作られた参道には鳥居がたくさん並びます。この神社への信仰の厚さが解るようです。

當勝神社 手水場

 龍を形どった像から水が豊かに流れている手水場で手と口を清めて参拝に向かいます。

當勝神社 隋神門

 参道を上り切ると立派な門が迎えてくれます。これは隋神門です。

當勝神社 境内

 門をくぐるとちょうどよいサイズの境内に入ります。そしてその奥には立派な拝殿があります。

 ここで少し當勝神社について説明をいたします。

社 号  : 村社 當勝神社

古代社格制度 『延喜式神名帳』 : 式外社
近代社格制度  : 旧村社
創建 : 天平2年(720)
本殿様式 : 流造
御祭神 : 正哉吾勝勝速日天忍穂耳命

        (マサカツアカツカチハヤヒアメノオシホミミ・アメノオシホミミ)
 
 御祭神の御名前の「マサカツアカツ(正勝吾勝)」は「正しく勝った、私が勝った」の意味だそうです。「カチハヤヒ(勝速日)」は「勝つこと日の昇るが如く速い」の意で、誓約の勝ち名乗りと考えられています。「オシホ(忍穂)」は多くの稲穂の意で、稲穂の神のことだそうです。

 ここから勝負事の神様、五穀豊穣で商売繁盛の神様とされたのでしょうね。

 ただ、このままだと當勝神社ではなく「正勝」となりそうです。おそらく当初はそのようにされていたそうですが、この神社の竹に旗印を掲げれば、戦いに必ず理があるとされたため、「當勝」に改められたということです。面白いですね。

當勝神社 社務所

 社務所でお守りやご祈祷のお願いをしたりしましょう。

當勝神社 拝殿と本殿

 さあ、お参りに参りましょう。

當勝神社 拝殿へ

 こちらが拝殿で、その奥に本殿があります。目の前を宮司さんが歩いておられます。若い宮司さんで、こういう方が古い歴史ある神社を守っていただけるのはありがたいことです。

當勝神社 拝殿の彫り物

 この素晴らしい彫り物をご覧ください。こちらの神社の建物の素晴らしさはこの彫り物にあると思います。一見の価値ありですよ。


 本殿で、但馬地域の発展と商売繁盛、長男の必勝祈願、次男の受験成功を祈願してまいりました。そのあとは境内社を廻ります。

當勝神社 當勝天神

 本殿の左にあるのが當勝天神。天神様ですので菅原道真公が祀られています。よって学問の神様。次男の大学受験成功と長男信治の大学卒業を願ってまいりました。
 この建物は江戸時代に今の本殿が建てられる前の本殿だったものだそうです。とても立派な境内社です。

當勝神社 當勝稲荷大明神

 境内の右の山にあるのが當勝稲荷大明神です。商売繁盛を願ってきました。

 そのほかにも建物の神様である逆杉社靖霊社の2つの境内社があります。


 今年も恒例の當勝神社への初詣ができました。


商売繁盛、受験成功! 勝負に勝ちましょう!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村  ←商売と学業の神様として広く信仰を集める神社に、応援クリックお願いします!

當勝神社 地図

[edit]

正月はおとなしく、つつましく。地元の鎮守の神様で初詣 

 新年にあたり、頑張ってブログでいい記事をと思いましたが・・・・・。

 久しぶりに家族でゆっくりしました。

 親戚に挨拶して、ご近所に挨拶して・・・・。

 出石の一宮神社に行ってみましたが大行列・・・・。

 せっかくなので地元の鎮守の神様に初詣

2020 鎮守の神様に初詣


 
今年も良い年になりますように!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←笑顔で新年を迎えた惣兵衛一家に、応援クリックお願いします!

[edit]

あけましておめでとうございます。2020年の幕開け  

Happy New Year !


2020正月飾り

 旧年中はまとまりのないブログでしたがたくさんの方々にごらんいただきました

   こころより御礼申し上げます

     今年もできる限り更新していきますのでよろしくお願いいたします

        皆様にとって良い年になりますようにお祈り申し上げます


                                  2020年 元旦



 さて、昨日は家族そろっての年の瀬と新年を迎えることができました。長男と将来についても語らいあいましたが、家族の素晴らしさを実感できた、幸せな時間を過ごすことができました。

 年末の年越しそばも惣兵衛が打つ暇と気力がなかったので、お気に入りの製麺所のそばを購入していましたが、親戚から
出石の有名店の一つ 左京さんのそばをいただくことができました。

2019 左京さんのそば

 そしてさらに、出石蕎麦でも存在感を放つ蕎麦屋さんの一つ 天通さんのそばも。

2019 天通さんのそば

 これはうれしいですね。

2019 年越しそば

 おいしい手打ちそばを家族そろっておなか一杯いただきました。おかげで新年がよいものになりそうな気がします。


2020 正月掛け軸

 仏間の掛け軸も正月らしく。ご先祖様とも一緒に祝いました。

2020 干支

さあ、干支が猪から子(ねずみ)になりましたね。鼠は干支の最初になります。新しいサイクルになりました。

 なぜ、干支の最初がねずみになったのか? 日本昔話を覚えていますか?


 神様が十二支の順番を決めようと色々な動物たちに競争をさせることにしました。

 初日の出とともにスタート。足の遅い牛は大みそかの夕方にスタートをしていました。一番にゴールできたと思っていた牛。ところがちゃっかりと背に乗っていたネズミが、牛の背中からぴょんと飛び下り最初にゴール。干支の一番はネズミになってしまいました。牛は「モゥモゥ!」と悔しがり、鳴き声はこれから「モウモウ」となったといいます。
 続いて虎が到着し、そして兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鳥、犬、猪、カエル、の順番となりました。13番目になってしまったカエルは、がっかりして「もうカエル」と言って帰っていき、干支に選ばれませんでした。
 ちなみに猫はねずみに騙され手に競争に参加できなかったようです。それからずっと猫はねずみを追いかけまわすようになったといいます。


 こんなことなので、子年でも、鼠のようにずる賢いことはせず、良い意味で頭を使ってよい年にしたいと思います(笑)。



 
今後ともよろしくお願いいたします!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←笑顔で新年を迎えた惣兵衛一家に、応援クリックお願いします!

[edit]

久しぶりに家族全員そろってそばをいただきました ~寿楽庵 日高町十戸 

 但馬に帰ってきた惣兵衛ですが。長男も追いかけるように帰ってきました。大学3回生になり、就活に備えてスーツを用意したりバタバタな年末になっております。

 そんな中で、お昼ご飯を頂くために外食をすることにしました。長男のリクエストで寿楽庵さんにお邪魔することにしました。

寿楽庵 外観

 この日はさすがに年末ということもあり、2時くらいでしたが順番待ちです。いいことです。


 店内はお客さんでいっぱいでしたので写真は控えさせていただきました。

 久しぶりに親子4人そろっての外食です。それぞれ思い思いのそばを注文させていただきました。

寿楽庵 家族そろって

 長男と次男はそろってとろろ蕎麦 大盛(1,300円)で奥方は期間限定メニューから大きな、きつね蕎麦(1,000円)でした。

寿楽庵 鴨汁そば 

 惣兵衛は鴨汁そば(1,300円)です。

寿楽庵 鴨汁そば 別角度

 それぞれうまい、うまいと言いながら、家族団らんです。大学に行くと学食で揚げ物とかは食べられるけど、うまい手打ちそばはなかなか食べられないとのことです。但馬はおいしい手打ちそばの店がたくさんありますから、いいですね。

寿楽庵 鴨汁そば そば

 寿楽庵さんのそばは但馬の中でもしっかりした太さ。香りもいいし、のど越しもいいです。

寿楽庵 鴨汁そば そばのみ

 長男もおいしそうにいただいておりました。

寿楽庵 鴨汁そば つけ汁

 鴨汁は鴨の油がいい感じで浮いていておいしそうですね。

寿楽庵 鴨汁そば つゆ

 つゆはいつもの寿楽庵さんの優しいつゆに鴨とネギのうまみが交じり合い、振りかけた山椒の香りが抜群です。

寿楽庵 鴨汁そば 鴨とねぎ

 分厚い鴨肉ネギがたまらなくおいしいです。「鴨が葱を背負って来る」。この言葉にあるように日本人が古くからこの二つの食材の相性の良さを知っていたということに感謝です。

寿楽庵 鴨汁そば いただきます

 そばをつゆにつけていただきました。言葉を失うくらいおいしいです。


寿楽庵 蕎麦湯

 最後は蕎麦湯でほっこりと。


 お店の方々のおかげでとても家族的な雰囲気のお店です。それもあって、久しぶりの家族そろっての外食もあたたかな雰囲気に包まれていました。家族っていいなと再認識できました。
 



ごちそうさまでした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←新そばが美味しい工夫でいただけるそば屋さんに、応援クリックお願いします!

手打ちそば 寿楽庵




関連ランキング:そば(蕎麦) | 豊岡市その他

タグ: 豊岡市日高 

[edit]